• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • 国立病院機構 東名古屋病院附属リハビリテーション学院
  • 学校の特長

愛知県認可/専修学校/愛知

コクリツビョウインキコウ ヒガシナゴヤビョウインフゾクリハビリテーションガクイン

新型コロナウイルス感染拡大の影響による、イベント・入試情報・資料請求に関する注意点について

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

病院の附属養成機関として、現場に近い環境での学びが充実

病院の附属養成機関としての特徴から、早期から病院見学を取り入れた授業や、病院の職員からの講義を実施するなど、知識と実践を統合することで、効率的に学びを深めることができます。また、言語療法部門や薬剤科、放射線科など、自分の専門分野以外の医療現場に触れる機会もあり、チーム医療を学ぶ環境が充実しています。学校の特長1

就職に強い

国立病院機構への輩出を使命に、チーム医療の一翼を担う人材を育成

母体である、国立病院機構への輩出を使命に、グループ活動を重視した教育体制を導入。グループワークを通じてコミュニケーション力を磨き、チーム医療の一翼を担う人材を育成します。また、国立病院への就職を想定した教育内容により、難病などに対する知識も身につけることができ、高度なスキルを備え、広い領域に対応できるリハビリのプロとしての活躍をめざします。学校の特長2

歴史や伝統がある

国立病院機構附属養成機関

昭和38年、国立療養所東京病院に日本初の養成校(専門学校)として開校されたのを皮きりとし、昭和54年、国立病院・療養所附属養成機関としては4番目に、東海地方初の養成校として開設されました。 昭和57年までに国立病院・療養所附属のリハ学院は9校が設置されましたが、平成15年12月に国立病院・療養所附属養成施設の再編成により8校の閉校が決定され、当学院が国立病院機構内に唯一存続するリハ学院となりました。平成30年度には創立40周年を迎え、平成31年1月に記念事業として講演会・記念式典・祝賀会を催しました。学校の特長3
国立病院機構 東名古屋病院附属リハビリテーション学院(専修学校/愛知)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の特長を見る