• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • その他教育機関を探す
  • その他教育機関
  • 東京
  • アミューズメントメディア総合学院
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • ゲーム・アニメ3DCG学科

アミューズメントメディア総合学院 ゲーム・アニメ3DCG学科

定員数:
35人

グラフィックの全てを学び、グラフィックの道でプロになる!

学べる学問
  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

目指せる仕事
  • 脚本家・シナリオライター

    映画やドラマの名場面、名セリフの生みの親

    映画やTVドラマの脚本(シナリオ)を書くのが仕事。オリジナル作品だけではなく、原作の小説などのドラマ化を求められる場合もある。登場人物のキャラクターや心理描写、場面の設定、セリフを文字に落とし込んでいく。

  • 映像ディレクター

    番組制作の監督であり、演出家

    TV番組のコンセプトなどプロデューサーが行った大枠の決定に従って、番組を実質的に制作し、演出するのが仕事。局によっては、取材、構成、台本などまですべて一人で担当する場合もある。アシスタント経験を要するのが現状。

  • 映像編集者

    映像を集めて、制作・編集する

    国内外の各地から回線で届いたニュースや番組などの映像を収録し、編集し直したりして、VTRを作成するのが仕事。メッセージを伝える映像にするためには自分自身の視点も不可欠。

  • 美術スタッフ

    場面に合わせた道具やセットを用意する

    映画やTV、舞台などで美術を担当する。その場面に合わせた室内などを作り上げたり、そのなかに置かれているあらゆる道具を用意するのも仕事。映画などでは時代考証に合わせた古いものを集めてきたり、または、同じようなものを作り上げる技術も必要。

  • アニメーター

    生き生きとしたアニメの絵を描く

    世界的にも評価の高い日本のアニメーション(アニメ)。アニメ制作には多くの担当者が集まってそれぞれの仕事を行いますが、高いクオリティーの作品を制作するための重要な役割を担うスタッフのひとりが、アニメーターです。アニメーターは、アニメの絵を描き、動きを表現するのが仕事で、絵そのものの魅力、動きのスムーズさを担います。アニメ全体のクオリティーに深く関係するため、アニメ制作に欠かせない仕事です。アニメーターになるのに必須の試験・資格はありません。制作会社の採用時にはいかに絵がうまく描けるかがポイントとなるため、大学や専門学校などで絵の描き方や表現方法などについて学ぶとよいでしょう。

  • キャラクターデザイナー

    キャラクター、背景、アイテムのデザイン

    自分の持ち味を出した新しいゲーム・キャラクターを生み出す。グラフィッカー(CGデザイナー)が行うケースも多く、ディレクターと「検討会議」を行い、採用されたキャラクターや背景コンテを基に、パソコン上でグラフィックを描く。背景、キャラクター、アイテムなどの担当に分かれ、それぞれ複数パターンを作成する。

  • CGアニメーター

    デジタル技術を駆使してアニメーションの作製をする

    CG(コンピュータグラフィックス)などのデジタル技術を駆使しアニメーションを作る。大胆な動きを表現したり、3Dアニメーションを作製する。映画業界、TV業界、CM業界など活躍の場は多岐にわたり、どの業界でも欠かせない存在となっている。

初年度納入金:2022年度納入金 138万円  (その他、教材費等が別途必要)
年限:2年制

アミューズメントメディア総合学院 ゲーム・アニメ3DCG学科の学科の特長

ゲーム・アニメ3DCG学科のカリキュラム

即戦力で活躍できる人材を育成!
2年間で3DCG、背景やアイコンに至るまで、ゲーム画面を構成するグラフィックの全てを習得。デッサンを重視した基礎作画と3Dアニメーション/モデリング/レンダリング専用のソフトウェアMaya等の使い方を並行して学ぶため初心者でも安心。さらにゲーム制作を何度も実践することで、即戦力として活躍できる人材に育成します。

ゲーム・アニメ3DCG学科の先生

本校の講師はすべて業界に精通したプロフェッショナル
講師のすべてが各業界の最新情報やニーズを熟知したプロフェッショナル。現場で働くクリエイターですら、講義を受けたがる顔ぶれです。さらに本校では入学前の相談から入学後の勉強のバックアップ、進路相談から卒業後のフォローまで、親身に対応する担任が常駐。いつでも相談できるパートナーとして学生生活を見守ります。

ゲーム・アニメ3DCG学科の実習

在学中からプロの商品開発に参加!
商用ゲーム作品を開発する独自の機関AMGゲームスとの連携により、アンリアルエンジン4(UE4)を使用して、市販ゲームを開発し、世界最大のPCゲームプラットフォーム「Steam」から全世界で同時配信する商品開発に参加することで、本物のスキルと実践力を磨きます。

ゲーム・アニメ3DCG学科の卒業生

「ブレイブルー」シリーズのプロデューサーの森利道さんなど、多数活躍(AMGグループ実績)
アークシステムワークスの「ブレイブルー」シリーズ森利道プロデューサー。株式会社ポリゴン・ピクチュアズ アニメ「亜人」「シドニアの騎士」劇場映画・TVシリーズキャラクターデザイナー森山佑樹さん。他にも「ワンピース アンリミテッドワールドR」「ワールドサッカーコレクションS」など卒業生が多数参加。

ゲーム・アニメ3DCG学科の卒業後

卒業後も徹底サポート「AMG OB・OGネットワーク」
卒業後は「AMG OB・OGネットワーク」への参加が可能。「産学共同プロジェクトへの参加」「スキルアップ勉強会」「タイアッププロモーションによる卒業生作品の宣伝」「クリエイターズバンクによる卒業生作品のPR」など、“仕事”を通じて業界と卒業生、卒業生同士をつなげる取組みに参加することができます。

ゲーム・アニメ3DCG学科の制度

ゲーム業界との密なネットワークにより、学内での採用選考を実現
ゲーム会社や映像制作会社の採用担当者やクリエイターが来校し、学内で面接を行う「学内クリエイター面接」を実現。筆記試験、作品審査などの採用選考も学内で実施。リラックスした状態で臨めます。AMGグループの実績としてサイバーコネクトツーやバンダイナムコスタジオなど名だたる企業に就職(2022年3月卒業生実績)。

アミューズメントメディア総合学院 ゲーム・アニメ3DCG学科の学べる学問

アミューズメントメディア総合学院 ゲーム・アニメ3DCG学科の目指せる仕事

アミューズメントメディア総合学院 ゲーム・アニメ3DCG学科の就職率・卒業後の進路 

ゲーム・アニメ3DCG学科の主な就職先/内定先

    3Dモデラー(モデリングアーティスト)、デジタル原型師、モーショングラフィックス、モーションデザイナー、イラストレーター、アートディレクター、エフェクトデザイナー、ユーザーインターフェース(UI)デザイナー、コンポジッター/撮影監督 ほか

※ 想定される活躍分野・業界

アミューズメントメディア総合学院 ゲーム・アニメ3DCG学科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒150-0011 東京都渋谷区東2-29-8
TEL:0120-41-4600(フリーダイヤル)

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都渋谷区東2-29-8 JR山手線・埼京線・東京メトロ日比谷線「恵比寿」駅下車 徒歩5分
東急東横線「代官山」駅下車 徒歩7分

地図

 

路線案内


RECRUIT