• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • 名古屋デザイン&テクノロジー専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 総合マンガ科

愛知県認可/専修学校/愛知

ナゴヤデザインアンドテクノロジーセンモンガッコウ

総合マンガ科

定員数:
40人

第一線で活躍する現役のマンガ家や小説家の指導を直接受けて、デビューを目指す!

学べる学問
  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 文芸学

    作品や作家を研究したり。自らの創作能力を磨く

    文学を芸術の一分野、言語芸術としてとらえ、小説、詩、評論などの作品を通して考察し、自ら創作していく学問。

目指せる仕事
  • アニメーター

    生き生きとしたアニメの絵を描く

    世界的にも評価の高い日本のアニメーション(アニメ)。アニメ制作には多くの担当者が集まってそれぞれの仕事を行いますが、高いクオリティーの作品を制作するための重要な役割を担うスタッフのひとりが、アニメーターです。アニメーターは、アニメの絵を描き、動きを表現するのが仕事で、絵そのものの魅力、動きのスムーズさを担います。アニメ全体のクオリティーに深く関係するため、アニメ制作に欠かせない仕事です。アニメーターになるのに必須の試験・資格はありません。制作会社の採用時にはいかに絵がうまく描けるかがポイントとなるため、大学や専門学校などで絵の描き方や表現方法などについて学ぶとよいでしょう。

  • 作家・小説家

    文章表現で、人を感動させる作品をつくる

    大きくは、純文学系とエンターテイメント系に分かれる。作品を書き下ろし単行本になる場合と、新聞や週刊誌、月刊誌などに連載されたものがあとから本にまとめられる場合がある。いずれにせよ、書き続ける意欲と情熱は欠かせない。

  • 絵本作家

    子どもから大人までに愛される絵本を作る

    絵本作家にも絵だけを描く人、ストーリーだけを考える人、ストーリーと絵の両方を手がける人などいろいろなタイプがいる。またイラストレーターが作品を発表する場合も。子ども向けから大人向けまで作品もさまざま。独自の手法や豊かなイメージが要求される。

  • 童話作家

    こどものための物語を創作

    伝えたいテーマやアイデアをもとに、こどもが楽しめる物語をつくる。短くやさしい言葉づかいで、想像力の膨らむ豊かな表現を生み出すのが童話の醍醐味だ。職業にするには、出版社への作品の持ち込みや、コンテストへの応募、自費出版などの方法がある。

  • 編集者

    書籍や雑誌、Webコンテンツの企画・編集から取材、進行管理まで

    小説や絵本などの書籍、コミック誌、ファッション雑誌などの中身を企画し、本になるまでの過程すべてに携わるのが編集者の仕事です。最近ではWebサイトの記事やメールマガジン、電子書籍など、紙媒体だけでなくWeb媒体においても編集者が多数活躍しています。編集者になるのに必要な資格は特になく、出版社、新聞社の出版局、編集プロダクションに入社し、まずは編集アシスタントとして経験を積むことが一番の近道となります。ただし、大手出版社や新聞社の出版局の場合は、入社試験の受験資格を4年制大学卒業者(卒業見込み者)としているところがほとんどです。中小規模の出版社や編集プロダクションでは学歴を問わない場合が多いですが、未経験者の新卒採用ではなく経験者の中途採用がメインになっています。また、会社で実績を作ってから独立し、フリーの編集者として働く人もいます。

  • 漫画家

    自分の作風やタッチで、人気作品を創り出す

    現在発行されているまんが誌(週刊誌・隔週刊誌・月刊誌)にまんがを描く仕事。最初から単行本に書き下ろすこともあるが、4コマまんがやストーリーものなどで、連載をもつことで収入を得る。自分の作風やタッチを確立して、作品を出版社の編集者等に認めてもらうことが必要。ヒット作品が出れば、時代のブームを巻きおこすことも。

  • 漫画原作者

    登場人物から、場面設定までまんがのストーリーを考える

    まんがにはストーリーが必要だ。そのストーリーを考えるのが原作者。まんがの原作だけを書いて仕事をしている人はまれ。小説家や脚本家など、他にも仕事を持っているケースが多い。まんがの原作の仕事は取材に行くなど、通常ライターの仕事に似ているが、表現段階になると会話のセリフや、より短い言葉でまとめる等、絵柄とのバランスはもちろん、構成力や描写力が求められる。

  • 広告プランナー

    商品などを売り出すためのアピール方法を企画する

    商品や企業イメージなどをその時代や流行、消費者ニーズを考えながら、どのように広告していけばいいのか企画するのが仕事。イメージ作りはもちろん、デザイナーやコピーライターを集めたり、どの時期にその媒体に広告を打つと効果が高いかなども考えながら仕事を進める。

  • キャラクターデザイナー

    キャラクター、背景、アイテムのデザイン

    自分の持ち味を出した新しいゲーム・キャラクターを生み出す。グラフィッカー(CGデザイナー)が行うケースも多く、ディレクターと「検討会議」を行い、採用されたキャラクターや背景コンテを基に、パソコン上でグラフィックを描く。背景、キャラクター、アイテムなどの担当に分かれ、それぞれ複数パターンを作成する。

  • イラストレーター

    雑誌や広告などに使われる個性的な作品を描く

    雑誌、書籍、広告などの印刷メディアにイラストを描く。独自の作風を持っていること、クライアントの要望に応じた作品を作り上げる器用さも要求される。イメージをイラストに置き換える能力や感性、作品を想像する力も必要。

初年度納入金:2020年度納入金(予定) 145万3300円 
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

3つの専攻でマンガ・イラスト・小説を徹底して学び、就職・デビューへ!
プロマンガ専攻は、構想から仕上げまで徹底指導を受けて作品を制作します。コミックイラスト専攻ではひたすら画力を磨き、さまざまなイラスト技法を習得し、ハイレベルなイラスト制作を行います。ライトノベル&小説作家専攻では、文章力と構成力を鍛え、オリジナリティを磨きます。

カリキュラム

自分の専攻の授業に加えて、他の専攻の授業を履修できる「Wメジャーカリキュラム」
「自分の可能性を試したい」「幅広い分野を学びたい」という学生のために、入学時に選択した専攻以外の科目でも、受けたい授業があれば追加学費なしで受講可能です。幅広い分野を学んでスキルアップすれば、就職・デビューの道が広がります。
授業の中でプロの仕事と同じ工程を経験!実践力を磨く「企業プロジェクト」
日本を代表する有数の企業協力のもと、課題提供を受け、それに則した企画提案を行う「企業プロジェクト」。3年間・4年間のカリキュラムの中で企画提案を繰り返し実践することで、業界で求められる人材に必要な「コンセプト力」「クリエーティブ力」「プレゼンテーション力」を身につけます。
実際の職場で仕事を経験。業界研修(インターンシップ制度)
目指す業界の職場で実際に仕事を体験。実践的に学べる他、これがキッカケで毎年多くの学生が内定を頂いています。全国に姉妹校がある強みを生かし、東京や大阪など他地域での就職も可能です。

制度

編集部とつながる「マンガ出張編集部」、デビューのための作品集「EXTRA」
出版社の現役編集者にマンガを見てもらえるマンガ出張編集部では、真剣なアドバイスを受けることができて、その場でスカウトされるチャンスもあります。また、卒業・進級時には、全国の姉妹校から選出される作品集「EXTRA」を制作。業界からの注目度が高く、多くの先輩のデビューのきっかけになっています。

研修制度

海外クリエーティブ研修で海外の文化や歴史に触れて感性を磨く!
海外クリエーティブ研修は、アメリカのサンフランシスコ・ロサンゼルス、イタリアのミラノで行う、専門性を高めながら視野を広げてくれるプログラムです。2ヵ国の研修プログラムから希望する1ヵ国を選択し、さまざまな刺激を受けることができます。現地のサポートは万全なので、安全に海外体験をすることができます。

募集コース・専攻一覧

  • プロマンガ専攻

  • コミックイラスト専攻

  • ライトノベル&小説作家専攻

学べる学問

目指せる仕事

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒460-0008 名古屋市中区栄3-20-4
0120-758-598 入学事務局
info@nca.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
愛知県名古屋市中区栄3-20-4 「栄(愛知県)」駅から8番出口を出て徒歩 8分
「矢場町」駅から6番出口を出て徒歩 6分
「伏見(愛知県)」駅から5番出口を出て徒歩 10分

地図

 

路線案内


名古屋デザイン&テクノロジー専門学校(専修学校/愛知)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る