• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 北海道
  • 函館市医師会看護・リハビリテーション学院
  • 学校の特長

歴史や伝統がある

歴史ある函館市医師会が全面バックアップ!

1895年の「開業医函館医会」発足を起源とし、開港より日本の近代医学の発展に貢献してきた函館市医師会。本学院の前身である「函館市医師会看護専門学校准看護学科」は、函館市の医療に貢献するべく、これまでに4000名余りの卒業生を輩出。卒業生たちが函館で活躍してきた実績があり、新しくなった本学院へも大きな期待が寄せられています。3学科に設置した「函館市医師会特別奨学金」は、医師会に所属する医療機関が、本学院に入学を希望する学生へ奨学金を貸与する制度で、卒業後または免許取得後、一定期間勤務することで返還が免除されます。地域医療を支える看護師・療法士を目指す学生を、学校と医師会が全力でサポートします!学校の特長1

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

地域医療に貢献できる次世代の療法士を養成するため、ICTや福祉工学の授業も!

函館は全国魅力度ランキング上位常連の街ですが、一方で少子高齢化が加速度的に進んでいます。健康寿命の延伸や予防介護など、「好きな街で、いつまでも元気に、その人らしく」過ごすためにできることが地域医療の重要なテーマになっていく中で、理学・作業療法学科の教育は「根拠ある先進性」が最も重要だと考えています。医療情報伝達技術(ICT)や福祉工学の知識を包括したリハビリテーション医学を学んだり、地域の調査を行い、そこからテーマを見つけて医工連携の研究を行うなど、函館市内の公立大学及び高専と連携協定を結んでいる本学院だからこそ実施できる、これからの地域医療に貢献できる療法士の育成カリキュラムを整えています。学校の特長2

施設・設備が充実

充実の設備で、楽しみながら学ぶ! 理学・作業の五稜郭キャンパスは2019年11月完成!

看護学科の湯の川キャンパス、理学・作業療法学科の五稜郭キャンパスともに、医療系の研究者が使用している、使いやすい最新の機器が揃っています。高機能かつ学びが楽しくなる教材機器を多く活用し、実践的に学びながら人体の構造や機能について知的好奇心を高めていくことができます。また、理学療法士・作業療法士の中には、研鑽を積みながら研究分野に進路を定める人もいるため、時代にマッチした機器類の充実に力を入れており、授業ではパソコンで電子教科書を使用します。文章だけでは伝わりにくい内容も、動画なのでスムーズに学ぶことができ、医療の現場で活きる知識と技術がスムーズに身に付きます。学校の特長3
RECRUIT