• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 関東職業能力開発大学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 専門課程
  • 生産技術科

文部科学省以外の省庁所管の学校/栃木

カントウショクギョウノウリョクカイハツダイガッコウ

生産技術科

定員数:
25人

「ものづくり」に不可欠な機械工学を根幹とし、機械の設計・加工・精密測定の基本的な技能・技術の習得をめざします

学べる学問
  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    機械工学は、生産機械や自動車、医療機器といった機械やその部品などについて、設計から材料の加工、実際の使用方法までと、実に広大な領域を扱う学問です。試行と分析を繰り返す地道な研究を通じて、よりよいものを作り出すことを目指します。まずは基礎となる力学や数学、設計に使うソフトウエアの使い方や関連する各学問について学ぶことで基礎を固め、徐々に専門的な学びへと進んでいきます。多くの授業では実習や実験が行われ、実際に手を動かしながら、知識や技術、機械工学研究の手法などを身につけていきます。ものづくりをしたい、なかでも目に見えるものを作りたいという人に向いています。卒業後の進路は、機械系はもちろん、材料系や、電気・電子関連にも広がります。また、機械でものを作っている企業では必ずそれを扱う人が求められるため、こうした職種で活躍することもできます。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    通信とは、送信者から受信者へ情報を伝達すること。中でも、パソコンやスマートフォンなどのコンピュータ関連やそれぞれをつなぐネットワークについて研究するのが通信工学です。その研究対象は、ハードウエアとソフトウエア、アナログからデジタルまでと多岐にわたります。1、2年次は、通信工学の基礎となる数学と電磁気学をしっかり学びます。同時に、通信工学の基本となるコンピュータやネットワーク、プログラミングや電気回路などについて、座学と実験を通じて理解を深めていきます。多くの場合3年次に研究室に配属され、4年次には、卒業研究と発表を行います。卒業後は、IT系や通信事業を中心に、さまざまな道が開けています。今後、IoT化が進むことを考えると、活躍の場はあらゆる分野に広がっていくでしょう。

目指せる仕事
  • 自動車開発・設計

    さまざまな分野の技術者が力を合わせ、新車を作り上げていく

    自動車メーカーで、新車の設計や開発を担当する技術者。商品企画部門が考え、社内会議で採用された新車のアイデアを、技術力を生かして形にしていく。担当は、外観の設計、内部構造の設計、エンジンの開発、制御システムの開発といったように細かく分かれており、デザイン、機械工学、電気・電子工学、ITなど多様な分野のスペシャリストが活躍している。それぞれの部門が連携しながら技術的な課題を解決し、何度も試作車を作って、企画に沿った自動車を完成させていく。

  • 自動車生産・管理

    自動車の生産台数や品質などを管理してグローバルなビジネスを支える

    多くの自動車メーカーは、日本国内だけでなく海外でも自動車を販売している。国内外での販売台数の目標を立て、それに合わせて国内外にある工場で生産する台数を計画したり、効率的な生産方法や技術を生み出したり、計画どおりに生産がされているかどうか、安全性や品質が保たれているかどうかを管理したりする各部門が連携することによって、グローバルな市場でのスケールの大きなビジネスが成り立っている。これらの生産・管理系の職種では、文系出身者も数多く活躍している。

  • 機械技術者・研究者

    機械製品や部品の設計から開発まで

    家電製品、通信機器、OA機器など、様々な機械製品の設計・開発をはじめ、製品に必要なパーツとなる部品の製作も手がける。設計用の製図を描いたり、部品の構造や形状・寸法、使用材料など全体の製作工程に関する知識や技術が必要となる。製造後も、改良ポイントの整備をはじめ、新しい技術の導入など常に進歩が求められる。

  • CAD技術者

    CADを使って正確な図面を作成する

    建築会社、自動車、家具など製図が必要な各種のメーカーで、CADを使った図面製作を担当する。設計者が描いたラフスケッチを正確な図面におこしたり、指示に従い図面の訂正をするなどの仕事が中心。

  • ロボット設計技術者

    安全性・生産性の高いロボットを作る

    産業分野では、危険を伴う作業を安全に行ったり、生産性を向上するためにさまざまな産業用ロボットが活躍している。主に、それらのロボットの設計にかかわる仕事。効率よく作業をさせるためのシステム選びや部品選びをし、作業能力の高いロボットの構造を設計していく。

  • 精密機械技術者・研究者

    電子・光学技術や知識を活かし、カメラ、時計、望遠鏡、顕微鏡、測定器などの精密機械の研究・開発をする。

    精密機械は現在の生活の中では欠かせない。例えば携帯電話にはデジタルカメラが付き、当たり前のように日常生活の中にある。また、医学の世界では極小化するカメラや高性能の顕微鏡、精度の高い測定器などによって飛躍的に治療や診断、手術の方法なども変化している。これらの精密機器の設計、開発、製造管理などを行うのが精密機械技術者。精密機器メーカーで活躍するのが一般的で、営業などと組み、どのような商品をどういう目的でどのくらいの形状にしたいかなど、十分に打ち合わせをして製作する。

  • プラント技術者・研究者

    石油や化学製品、電気などを製造するプラント(大規模な工場群)の設計をし、工事現場での施工管理も行う。

    工業地帯に行くと、石油や化学製品、電気などを製造する巨大なコンビナートが並んでいたり、大きな工場群が現れる。そのような大規模なプラント(工場)を設計し、施工管理するのが、プラント技術者。国内だけでなく、発展途上にある海外での仕事も多い。また、これまでのプラントを検証し、今後どのようなプラントを設計していけばいいかを研究する。環境がキーワードの昨今、単に効率や経済性を重視するのではなく、いかに環境を考えた安全性の高いプラントを作っていくか、そのための技術などを研究する研究者もいる。

初年度納入金:2019年度納入金 55万9200円  (教科書等諸経費が別途必要)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

「ものづくり」に必要な知識と専門技術を学ぶ
技術革新やグローバル化の進展により、日本のものづくりには競争力を確保するための高い生産技術力が求められています。本科では機械加工技術を中心に、製品の設計から加工、さらには測定・検査といった品質管理なども含めてものづくりの根幹を担う実践的な機械技術者の育成をめざしています。

実習

カリキュラムの半分を超える豊富な実験・実習
実学融合の教育システムにより、「ものづくり」に必要となる確実な技能と最新の技術を融合し、自ら「ものづくり」ができる次代を担う実践技能者を育成。2年次には、総合制作実習を通して、設計~加工~組立・調整~評価までの流れを経験することで、個別に習得した技能・技術を融合させ、理解を深めています。

学生

技能・技術の習得を実感できる
製品を製造する流れの中で不可欠な要素である機械加工や機械設計を中心に、知識や技能・技術を学んでいます。物覚えが悪く、しっかりと習得できているかが不安でしたが、実践に沿った授業内容で、先生方が楽しく丁寧に教えてくれるので、少しずつですが確実に習得していると感じています。(2年 大木 謙一さん)

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 2次元CAD利用技術者試験

技能検定 ほか

目標とする資格

    • 機械設計技術者

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    五十鈴関東(株) 、 (株)ケーヒン 、 (株)小松製作所 小山工場 ほか

※ 2018年3月卒業生実績

※主な進学先:関東職業能力開発大学校応用課程

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒323-0813 栃木県小山市横倉三竹612-1
TEL:0285-31-1711 総務課

所在地 アクセス 地図・路線案内
栃木県小山市横倉三竹612-1 JR東北新幹線・宇都宮線・水戸線・両毛線 「小山」駅よりスクールバス約15分

地図

 

路線案内


関東職業能力開発大学校(文部科学省以外の省庁所管の学校/栃木)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る