• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • ファッションビジネスカレッジ東京
  • 先生・教授一覧
  • 濱口 勝彦先生(ファッションデザイナー)

こんな先生・教授から学べます

ビジネス感覚を兼ね備えたデザイナーを育てる先生

ファッションデザイナー
ファッションクリエートアート科 ファッションデザイン課程
濱口 勝彦先生
先生の取組み内容

ファッションデザインの仕事といっても、「つくるもの」によってさまざまです。デザイナーを大きく分けると、「特定の人しか着られないようなアート系のものを生み出すクリエイター」、もうひとつは「一般的にも流通しているブランドをつくりあげていく企業デザイナー」に分類されます。私が育てているのは後者。とはいえ、いわゆる大量生産され、どこでも手に入るものではなく、ある程度数を制限した「カッコいい」服をデザインする「企業デザイナー」を育成することを目標としています。そのためには、デザインセンスだけでなく、売れる服をつくるためのビジネス感覚を養うことが大切。本校では、ファッションやデザインの基礎を学ぶとともに、発想力・企画力・プレゼン力も養い、国内外のファッションビジネス業界で活躍できる人材を育成しています。

好きなこと、やりたいことを仕事にできるほど幸せなことはありません。ともに夢に向かって頑張りましょう!

授業・ゼミの雰囲気

アジア各国からの留学生も多く、グローバル感覚も養うことができる環境がある!

授業は、デザイン画の指導からスタート。先生の授業では、自己流の絵ではなく、デザイナーとして人にイメージを伝えるためのデザイン画を描くスキルを養います。一方で、ファッションビジネスに関するリサーチ力を鍛えるために、ファッションの歴史、変遷、市場の流れなど、リサーチによって「売るための仕組み」を学んでいきます。もともとファッションが好きで入学した学生ばかりなので、その内容は興味を惹かれるものばかり。企業デザイナーとして活躍していた先生ならではの「業界の話」も惜しみなく披露します。

先生の指導により、デザイン画は基本を押さえれば、誰でも描けるようになるそう

キミへのメッセージ

日本国内はもちろん、海外でも活躍できる人材を育てたい!

日本はアジアのなかのファッション先進国です。近年は中国などでもファッションブランドが続々と誕生していますが、そこでは日本人のデザイナーが大活躍しています。国内外で活躍できるデザイナーを目指しませんか?

濱口 勝彦先生

専門:ファッションデザイン(テクニック)
略歴:大学の法学部に進み、卒業後はアパレルに就職して営業を担当。しかし、もともと絵が好きで、デザイナーになりたいとの夢をあきらめきれず、退職してファッションの専門学校へ。そののちデザイナーとなり、複数の企業でデザイナーとして活躍。その経験をもとにファッション系専門学校の講師を務め、現在は本校の副学院長を務めると同時に授業も担当している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

ファッションビジネスカレッジ東京(専修学校/東京)