• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 福岡
  • 令和健康科学大学(仮称)
  • 先生・教授一覧
  • 増山 純二先生(救急看護学・教授システム学)

こんな先生・教授から学べます

ストーリー型の看護実践授業で未来の看護師を育成する先生

救急看護学・教授システム学
看護学部 看護学科 (2022年4月設置予定(認可申請中))
増山 純二先生
先生の取組み内容

研究テーマは、未来の看護師を育成するための「シミュレーション教育」や「授業設計」です。様々な看護を想定して行うシミュレーション教育は、看護の領域ではよく用いられる教育手法。私は従来通りの部分的に看護実践を学ぶ教育ではなく、全体タスクとしてシナリオをベースにしたシミュレーション教育を追求し、より学習効果の高い教育を提供できるカリキュラムの構築に力を入れています。また看護学の中では、「救急看護学」を担当する予定です。救急医療の現場に20年以上身を置き、日本看護協会が認定している救急看護認定看護師を取得しました。社会の超高齢化が進む中、看護師の役割拡大の一つとしている特定行為研修を修了しました。ただ授業を受けるのではなく、患者さんと向き合うことで、高い判断力を身につけられるよう、サポートします。

学生全員が実践できるようにカリキュラムを工夫。患者の特徴をとらえ、自分で考えながら看護実践をします

授業・ゼミの雰囲気

業務の一部分を切り取って学ぶ部分タスク学習から、よりリアルな看護体験ができるストーリー型授業へ

同学が導入する臨床実践中心型カリキュラム「ストーリー型授業」。「学内で模擬患者を受け持ち、リアルな看護体験ができます」と増山先生が語るように、学生は新人看護師として仮想都市にある病院で働きながら、患者のための看護を探求し、臨床に必要な判断力、実践力を養っていく。さらに臨床に近い環境を作るために模擬病室・ICUを整備し、コンピュータで制御された「患者モデル人形」の血圧や心電図、脈拍をモニターで見ながら、呼吸音や心音の聴取、人工呼吸器の管理も可能だそう。看護実践は録画され、自習の際に振り返れるそう。

仮想病院で様々な年齢、疾患の患者を担当しながら、自ら考え、判断できる力を高めていく

キミへのメッセージ

「どんな看護師になりたいか」を早い段階から想像することが大切です。

理想の看護師像を想像し、一歩ずつ着実に歩んでいきましょう。本学では教員が一丸になってみなさんの夢の実現をバックアップします!そして卒業後に皆さんと一緒に看護師として働けるのを楽しみにしています。

長崎大学病院では三次救急医療体制の中、重症患者の救急初療看護を担当。大学院では教授システム学を学ぶ

増山 純二先生

1994年長崎大学医療技術短期大学部看護学科卒業後、長崎大学病院へ入職。2004年日本看護協会認定の救急看護認定看護師の資格を取得する。2010年に熊本大学大学院社会文化科学研究科博士前期課程を終了後、ハワイ大学SimTiki Academyにて一ヶ月、シミュレーション教育について学ぶ。同年、日本赤十字九州国際看護大学入職、2013年に准教授となる。2022年4月令和健康科学大学(仮称)※着任予定。※2022年4月新設予定(認可申請中)

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

令和健康科学大学(仮称)(私立大学/福岡)
RECRUIT