• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 京都
  • 京都府立京都高等技術専門校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • メカトロニクス科

京都府立京都高等技術専門校 メカトロニクス科

定員数:
20人

初心者を対象とした授業でロボット技術を学び、自分で造ったロボットで世界一を目指す。就職に役立つ国家資格にも挑戦

学べる学問
  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    機械工学は、生産機械や自動車、医療機器といった機械やその部品などについて、設計から材料の加工、実際の使用方法までと、実に広大な領域を扱う学問です。試行と分析を繰り返す地道な研究を通じて、よりよいものを作り出すことを目指します。まずは基礎となる力学や数学、設計に使うソフトウエアの使い方や関連する各学問について学ぶことで基礎を固め、徐々に専門的な学びへと進んでいきます。多くの授業では実習や実験が行われ、実際に手を動かしながら、知識や技術、機械工学研究の手法などを身につけていきます。ものづくりをしたい、なかでも目に見えるものを作りたいという人に向いています。卒業後の進路は、機械系はもちろん、材料系や、電気・電子関連にも広がります。また、機械でものを作っている企業では必ずそれを扱う人が求められるため、こうした職種で活躍することもできます。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    電気工学とは、電気にかかわるありとあらゆることを研究する学問です。エネルギーとしての電気の効率的な活用方法を考える分野、電気回路や半導体について研究する分野のほか、情報・通信や光など、その研究領域は多岐にわたります。まずは高校範囲の物理や数学を復習し、電気工学を学ぶ基盤を固めます。さらに、電磁気学や電子回路といった基礎科目を学び、各専門領域の基本を学びながら電気について理解を深め、専門の研究を進めていくことになります。私たちの生活に欠かせない電気は、あらゆるものづくりの基礎となるものです。知識と技術を生かせる場は非常に多く、卒業後の進路も、電気、機械、IT、建設などさまざまです。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

目指せる仕事
  • 機械技術者・研究者

    機械製品や部品の設計から開発まで

    家電製品、通信機器、OA機器など、様々な機械製品の設計・開発をはじめ、製品に必要なパーツとなる部品の製作も手がける。設計用の製図を描いたり、部品の構造や形状・寸法、使用材料など全体の製作工程に関する知識や技術が必要となる。製造後も、改良ポイントの整備をはじめ、新しい技術の導入など常に進歩が求められる。

  • CAD技術者

    CADを使って正確な図面を作成する

    建築会社、自動車、家具など製図が必要な各種のメーカーで、CADを使った図面製作を担当する。設計者が描いたラフスケッチを正確な図面におこしたり、指示に従い図面の訂正をするなどの仕事が中心。

  • ロボット設計技術者

    安全性・生産性の高いロボットを作る

    産業分野では、危険を伴う作業を安全に行ったり、生産性を向上するためにさまざまな産業用ロボットが活躍している。主に、それらのロボットの設計にかかわる仕事。効率よく作業をさせるためのシステム選びや部品選びをし、作業能力の高いロボットの構造を設計していく。

  • 電気工事士

    電気配線工事を一手に引き受ける

    電気工事士には第1種と第2種があり、それぞれ工事範囲が決められている。第2種は、一般家屋の屋内配線や電気照明の設備取りつけが主な仕事。第1種は、大規模な工事や工場やデパートなどの構内配線、変電室の配電など変電電力の大きい設備の工事を手がけることができる。第1種、2種ともに学歴、年齢、経験などの受験制限はない。

  • 電子機器技術者・研究者

    電子回路の組み込まれた製品の開発・研究

    冷蔵庫やテレビなどの家電製品をはじめ、パソコンやインターネット技術などあらゆる電子機器の回路設計や製造技術などの開発を行う。電子回路そのものの研究や、新たな電子機器への応用技術などを研究する人もいる。

  • 半導体技術者・研究者

    ダイオードやトランジスタ、集積回路(IC)などに組み込まれている半導体に関する技術の研究や開発を行う。

    コンピュータや冷蔵庫、電子レンジなどの家電製品、携帯電話など、あらゆる電気製品の小型化・高性能化に成功しているのは、半導体がチップやLSIに大量に組み込まれるようになったから。半導体技術者は、この半導体を開発し、いかに効率よく限られた基盤の中に収めるかを設計し、チェックを繰り返して製品化する。半導体を専門に扱うメーカーのほか、電気・電機メーカーはじめ、さまざまな企業が手がけている。さらに企業の枠を超えて半導体の学会で論文を発表し、大学や各種研究機関とともに研究を進める半導体研究者も多い。

初年度納入金:2023年度納入金 12万6650円  (教科書、作業服、資格試験受験料等の費用が別途必要)
年限:2年制

京都府立京都高等技術専門校 メカトロニクス科の学科の特長

メカトロニクス科の学ぶ内容

エンジニアになりたいけど何から勉強すれば?という君にピッタリ。多くの分野を学べる魅力
機械、電気・電子、制御プログラムと聞くと難しそうに思うけど基礎から勉強するので大丈夫。全員が2年次にはロボットをつくり大会に出場しています。また、設計や加工、組立てなど、ものづくりの工程をすべて学ぶので将来なりたい職種が決まっていなくても大丈夫。学びながら自分に合う職種に出会えます。

メカトロニクス科のカリキュラム

1年で基礎と資格試験対策、2年で応用と初心者でも無理なく技術を習得できるシステム
1年次は、機械、電気・電子、制御プログラムなどのロボットに関する分野の基礎を学び、資格試験にも挑戦します。2年次には競技大会用のロボット製作や、自由課題製作(修了製作)で応用力を身に付けます。授業は実習中心で就職後に必要な技術を習得できるカリキュラムになっています。

メカトロニクス科の授業

資格試験対策や就職活動のサポートも充実
機械分野ではCADや工作機械の使用方法、電子分野では回路製作や測定、制御分野ではシーケンス制御やマイコン制御などを学びます。資格対策の授業は十分時間をとって全員の合格を目指します。就職活動も初めてという方が多いので書類の書き方や面接練習などのサポートもあるので安心してください。

メカトロニクス科の実習

自分の手でロボットをつくる経験がエンジニアへと成長させる
2年次には、ロボット相撲世界大会出場を目指し1人1台のロボットを製作します。世界で最も出場台数が多いロボット大会へ過去に11年連続を含み13回出場しています。また、自由課題研究(修了製作)では、ゲームセンターにあるクレーンゲームや音楽ゲームなどを実際に自分たちで製作することで応用力を身につけます。

メカトロニクス科の卒業後

設計、加工、組立、制御プログラマ等様々な分野でエンジニアとして活躍できる
何か製品をつくるとすると、設計、機械加工、回路製作、配線、組立、制御プログラミングなどの様々な技術を持ったエンジニアが必要になります。メカトロニクス科で学ぶ2年間で目標とする職種を見つけ、修了後は、学んだ技術を活かしエンジニアとして活躍しよう!

メカトロニクス科の資格

国家資格の合格率(2020年度80%)は全国平均の約2倍、就職に活かせる資格を取得可能
訓練修了時の校内試験に合格することで技能士補の資格を取得可能。さらに在校中の受験指導で国家資格の第二種電気工事士試験(2020年度合格者12名・全国平均34%)と、2次元CAD利用技術者試験2級を目標とします。高い合格率となっており実務に活かせるだけでなく、2年次には履歴書に書いて就職活動にも活かす事が出来ます。

京都府立京都高等技術専門校 メカトロニクス科の学べる学問

京都府立京都高等技術専門校 メカトロニクス科の目指せる仕事

京都府立京都高等技術専門校 メカトロニクス科の資格 

メカトロニクス科の取得できる資格

技能士補(メカトロニクス系メカトロニクス科・訓練修了時に校内試験合格で資格取得)

メカトロニクス科の目標とする資格

    • 電気工事士<国> (第二種) 、
    • 2次元CAD利用技術者試験 (2級)

京都府立京都高等技術専門校 メカトロニクス科の就職率・卒業後の進路 

メカトロニクス科の主な就職先/内定先

    エクセルコンピューターサービス、京都微生物研究所、システムディ、ゼネラルソフトウェア、野崎印刷紙業、ユニシス、ロココ、ワールドビジネスセンター、イー・ピー・アイ、京製プレシジョン、嶋田プレシジョン、東洋精機製作所、牧野技術サービス、由利ロール、和光製作所 ほか

※ 2021年3月卒業生実績 (学校全体)

京都府立京都高等技術専門校 メカトロニクス科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒612-8416 京都市伏見区竹田流池町121-3
TEL:075-642-4451

所在地 アクセス 地図・路線案内
京都府京都市伏見区竹田流池町121-3 京都府立京都高等技術専門校 地下鉄「くいな橋」駅下車 1番出口正面  下車すぐ

地図

 

路線案内


京都府立京都高等技術専門校(公共職業訓練を行う施設/京都)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

RECRUIT