• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 京都
  • 京都府立京都高等技術専門校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 機械加工システム科

京都府立京都高等技術専門校 機械加工システム科

定員数:
10人

世界を支えるものづくりのプロフェッショナルを目指そう!

学べる学問
  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    機械工学は、生産機械や自動車、医療機器といった機械やその部品などについて、設計から材料の加工、実際の使用方法までと、実に広大な領域を扱う学問です。試行と分析を繰り返す地道な研究を通じて、よりよいものを作り出すことを目指します。まずは基礎となる力学や数学、設計に使うソフトウエアの使い方や関連する各学問について学ぶことで基礎を固め、徐々に専門的な学びへと進んでいきます。多くの授業では実習や実験が行われ、実際に手を動かしながら、知識や技術、機械工学研究の手法などを身につけていきます。ものづくりをしたい、なかでも目に見えるものを作りたいという人に向いています。卒業後の進路は、機械系はもちろん、材料系や、電気・電子関連にも広がります。また、機械でものを作っている企業では必ずそれを扱う人が求められるため、こうした職種で活躍することもできます。

  • 材料工学

    現代社会が求める新機能をもつ材料を開発

    材料工学とは、新たな材料を生み出すことや、それらを活用するための技術を開発・研究する学問です。「そのままでは有効活用が難しい」とされている物質でも、加工することによって利用価値の高い「材料」にできます。まず、化学、物理、数学といった科目と、材料工学の基礎を学びます。ここで物質の特性をしっかりと理解し、次のステップとして、現在使われている材料について、実験も交えて身につけていきます。金属、無機、有機材料について横断的に学ぶことで理解を深め、専門的な学びや研究へと進んでいきます。

目指せる仕事
  • 機械技術者・研究者

    機械製品や部品の設計から開発まで

    家電製品、通信機器、OA機器など、様々な機械製品の設計・開発をはじめ、製品に必要なパーツとなる部品の製作も手がける。設計用の製図を描いたり、部品の構造や形状・寸法、使用材料など全体の製作工程に関する知識や技術が必要となる。製造後も、改良ポイントの整備をはじめ、新しい技術の導入など常に進歩が求められる。

  • CAD技術者

    CADを使って正確な図面を作成する

    建築会社、自動車、家具など製図が必要な各種のメーカーで、CADを使った図面製作を担当する。設計者が描いたラフスケッチを正確な図面におこしたり、指示に従い図面の訂正をするなどの仕事が中心。

  • 精密機械技術者・研究者

    電子・光学技術や知識を活かし、カメラ、時計、望遠鏡、顕微鏡、測定器などの精密機械の研究・開発をする。

    精密機械は現在の生活の中では欠かせない。例えば携帯電話にはデジタルカメラが付き、当たり前のように日常生活の中にある。また、医学の世界では極小化するカメラや高性能の顕微鏡、精度の高い測定器などによって飛躍的に治療や診断、手術の方法なども変化している。これらの精密機器の設計、開発、製造管理などを行うのが精密機械技術者。精密機器メーカーで活躍するのが一般的で、営業などと組み、どのような商品をどういう目的でどのくらいの形状にしたいかなど、十分に打ち合わせをして製作する。

初年度納入金:2023年度納入金 12万6650円  (教科書、作業服、資格試験受験料等の費用が別途必要)
年限:2年制

京都府立京都高等技術専門校 機械加工システム科の学科の特長

機械加工システム科の学ぶ内容

企業で必要とされる加工技術に加え、設計や組立、保全など幅広い知識を持った人材を育成
ものづくり企業への就職を目的として、技術・技能の習得と資格取得に取り組んでいます。また、安全衛生作業や3S活動(整理・整頓・清掃)にも力を入れており、機械操作だけでなく自ら考え行動できる技能者を育成します。

機械加工システム科のカリキュラム

少人数制で基礎からじっくり学ぶことができ、豊富な実習と充実の設備で技能が身につく2年間
1年次は、製図や測定、材料など機械加工に必要な知識を基礎から学びながら、工作機械の基本操作を身につけ3級技能士を目指します。2年次はNCプログラムやCAD/CAMなど、より高度で実践的な技能を身につけ、課題製作を通じて就職先で必要となる技能に磨きをかけながらチームワークや現場対応力を養います。

機械加工システム科の授業

技術習得の基本となる理論や知識をはじめ、技能検定や資格試験対策なども充実
多くの入校生が普通科(文系)出身なので、経験や知識は不要です。初心者を対象に機械加工や製図の基礎からじっくり学び、各種資格試験を通じて少しずつスキルアップしていきます。資格試験や技能検定の合格に向けた対策にも力を入れており、2年間で専門知識だけでなく、複数の資格を取得することができます。

機械加工システム科の実習

一人一台の機械を使える環境が最大の魅力。まずは3級技能士!全てはそこから始まる!
実習は訓練の6割(年間約800時間)を占めます。卓上ボール盤、汎用旋盤、フライス盤による加工実習をはじめ、CADによる製図実習や、NCプログラムを学び、マシニングセンタやNC旋盤による複雑な加工技術を2年間で習得し、立派な技能者へと成長し、就職しています。

機械加工システム科の卒業後

修了後は、幅広い製造業界の企業に就職し、高度な技術を活かして、ものづくりを支える
研削加工技術や材料の知識、製図知識を備えた技術者として、将来は機械加工、組立などの分野の製造業界 全般に就職し、活躍ができます。実際に、本校で学んだ訓練生は、身につけた知識や技術、取得した資格を活かし、工作機械や製図、NCプログラミングなど、ものづくり現場の第一線で活躍し、高く評価されています。

機械加工システム科の資格

技能検定や国家資格など、就職後にも活かせる資格を取得して自分の強みを増やそう!
訓練修了時の校内試験に合格することで技能士補の資格を取得可能。さらに在校中の受験指導で技能検定3級(2019年度合格率100%合格率 合格者9名・全国平均75.3%)やガス溶接技能講習修了証、品質管理検定や危険物取扱者乙種第4類の取得も目指せます。どの試験も全国平均を上回る合格率(詳細はお問合せ下さい)です。

京都府立京都高等技術専門校 機械加工システム科のオープンキャンパスに行こう

京都府立京都高等技術専門校 機械加工システム科の学べる学問

京都府立京都高等技術専門校 機械加工システム科の目指せる仕事

京都府立京都高等技術専門校 機械加工システム科の資格 

機械加工システム科の取得できる資格

技能士補(機械系機械技術科・訓練修了時に校内試験合格で資格取得)

機械加工システム科の目標とする資格

    • 機械加工技能士<国> (3級、2級) 、
    • 危険物取扱者<国> (乙種第4類) 、
    • 2次元CAD利用技術者試験 (2級)

京都府立京都高等技術専門校 機械加工システム科の就職率・卒業後の進路 

機械加工システム科の主な就職先/内定先

    エクセルコンピューターサービス、京都微生物研究所、システムディ、ゼネラルソフトウェア、野崎印刷紙業、ユニシス、ロココ、ワールドビジネスセンター、イー・ピー・アイ、京製プレシジョン、嶋田プレシジョン、東洋精機製作所、牧野技術サービス、由利ロール、和光製作所 ほか

※ 2021年3月卒業生実績 (学校全体)

京都府立京都高等技術専門校 機械加工システム科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒612-8416 京都市伏見区竹田流池町121-3
TEL:075-642-4451

所在地 アクセス 地図・路線案内
京都府京都市伏見区竹田流池町121-3 京都府立京都高等技術専門校 地下鉄「くいな橋」駅下車 1番出口正面  下車すぐ

地図

 

路線案内


京都府立京都高等技術専門校(公共職業訓練を行う施設/京都)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

RECRUIT