• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 学問を調べる
  • 文化人類学
  • 学んでみて

実際に文化人類学を学んでみて

日常的な光景でも、意識して違った角度から見てみるとさまざまな発見があるものです。文化人類学を学んだことで、これまで「何もない」と思っていたところに楽しみを見いだせるようになりました。その中で「境界領域」というテーマに興味をもったので、これから本格的に掘り下げていきたいです。(江戸川大学 社会学部 現代社会学科2年 三枝哲也さん)

※このコンテンツは2018年の取材に基づき構成しています

これまで「何もない」と思っていたところに楽しみを見いだせるように

知識を増やすと視界の解像度が上がる

私は神話への興味から文化人類学に入りましたが、この学問は身の回りのあらゆることがテーマになるので、自分が興味をもっていることをなんでも掘り下げられるのが一番の魅力だと感じています。
さらに、日常的な光景や、普段は意識しないものを違った角度から見てみることで、気づかなかったテーマや疑問を発見できることにも気づきました。文化人類学を学んでいろいろな視点を身につけると、頭の中の配線が繋ぎ変わって、新しい世界が見えてくる感覚がありますね。
これまでは自分の地元の街を「何もない街」と感じていましたが、それは意識していなかっただけで、文化人類学的な視点で見てみると、いろいろなことがあることに気づきました。知識というのは、ものごとの解像度を上げるようなもので、知識が増えることで、視界がクリアになって、今まで見えなかったものが見えてくるのだと思います。そして、見えなかったものが見えるようになることが、価値観や歴史観など、思考法の掘り下げに繋がるのだと思います。

積極的に多方面に挑戦する三枝哲也さん

あの世とこの世の間の、あいまいな領域に置かれた地蔵の謎

2年間、いろいろな話を聞いたり、経験したりするなかで、「境界領域」というテーマに興味をもちました。
昔は現代ほど人間が住む領域と、その外にある人間の手が及ばない領域との間の境目がはっきりしておらず、どっちともいえないあいまいな領域がありました。人間は分類をはっきりさせることで秩序を保ち、安心感を得ているので、分類があいまいな領域は「気味が悪い場所」とされ、そのイメージから「あの世に通じる場所」と考えられてきました。墓地はその代表例です。
そしてこの境界領域を守護しているのがお地蔵様です。なぜお地蔵様が守護を担っているのかは定かではありませんが、一説には、お地蔵様がもともと、釈迦の死後から弥勒菩薩が人類救済に現れるまでの空白期間を繋ぐ存在だからだといわれます。「間を繋ぐ」という性質から、領域を繋ぐ役割を当てたのだという説です。
しかし、お地蔵様は「菩薩」という、会社でいえば部長にあたる存在です。「死」という人間が最も恐れる世界から守護してもらうなら、トップの存在に頼んだ方がよさそうにも思えますが、なぜお地蔵様なのか。3年次からのゼミでは、それをさまざまな文化的な視点から調査しようと思っています。
卒業後の進路はまだ考えていませんが、文化人類学で学んだことや得た視点などを伝えられる仕事ということになるのではと思っています。入学前から興味があった映像編集をはじめ、小説やイラスト、音楽など、さまざまな表現活動にも挑戦しているので、それも生かせたらいいですね。

取材協力:江戸川大学 社会学部 現代社会学科 学生

全国のオススメの学校

文化人類学とはどんな学問?

文化人類学と他の学問とのかかわり

文化人類学では何をどのように学ぶか

文化人類学はこんな人に向いている

文化人類学を学んだ後の進路と今後の展望

文化人類学ではこんな研究をしています

文化人類学のここが面白い

もっと先生たちに聞いてみよう

Photo

アフリカ難民の調査を通し、文化や人間の多様性を探る先生

盛岡大学 文学部社会文化学科
飛内 悠子准教授

文化人類学を選んだ理由

こんなふうに文化人類学を学んでいます

実際に文化人類学を学んでみて

もっと在校生たちに聞いてみよう

Photo

カンボジアで見たアンコール遺跡の世界観に魅了され、遺跡を研究

就実大学 人文科学部 総合歴史学科
宗近 大空さん

Photo

過去の広告を参考に会社をSDGsと関連づけ、広告作成をしています

二松学舎大学 文学部 都市文化デザイン学科
田中 佑さん

Photo

子供たちと一緒に成長したい!笑顔溢れる社会科教員に

埼玉学園大学 人間学部 人間文化学科
芦沢 奈々カさん

もっと見る

文化人類学に関連する本

関連する学問もチェックしよう

大学・短大

専門学校

文化人類学を学べる学校を探すならスタディサプリ進路
RECRUIT