勉強・入試

覚えておきたい面接の常識・非常識

覚えておきたい面接の常識・非常識

今年もついに師走に入り、高校3年生にとっては、大学推薦入学試験の模擬面接が始まる時期。毎日、受け答えなどの練習に励んでいる人も多いのでは? でも実は、何気なくとった行動が非常識だったり、マナー違反だったりする危険性もある。

 

そこで今回は「受験生のためのマナーガイド」から、高校の先生たちが見てきた、生徒たちの面接にまつわる失敗エピソードをご紹介。人のふり見て何とやら…、本番までにしっかり学んでおこう。

 

・うっかりおしゃべりしていたら…
「個人面接の模擬面接をしていた際、廊下で待機させていた生徒が平気でおしゃべりをしていました。『面接試験では待機中の様子も見られている』と伝えました」(京華商業高等学校・曽根和志先生)

 

・会話に集中するあまり、足元がおろそかに
「面接練習中にいたのが、次第に膝が開いてしまう女子。初めは気をつけていても、受け答えに気がいってしまうと、膝が開いてしまうんです。その都度注意をする、あわてて膝を閉じる、の繰り返しでした」(埼玉県立岩槻商業高等学校・小境幸子先生)

 

・長いスカートはみっともない?
「普段スカートを折り曲げて短くしている生徒に、きちんとするように指導すると『長いスカートはみっともない』と抵抗されました。折り曲げずにはくのが、社会の常識です」(東京都立H高等学校・K先生)

 

などなど、普段の生活で染み付いたクセが抜けないために起こった失敗談が。こんなふうに、面接本番で失敗をしないための基礎を知っておこう。

 

◆敬語を正しく使えている?
体育会系でありがちなのが「~っす」という表現を使うこと。これは元気のよさと威勢のいい言葉遣いをはき違えているケース。語尾はきちんと発音することを心がけて。

 

◆服装で好感度UP
制服がある場合は、基本的には着用するべし。ない場合は、無地のシャツやブラウスと、スカートやスラックスを合わせよう。日頃のスタイルは一度忘れて、受験用だと割り切って。

 

◆入室の際はあせらずに
ノックする手を軽く握った状態で、コンコンと2回。面接官の「どうぞ」という声かけを聞いてから、入室する。部屋に入ったら、「失礼します」とはっきり声を出そう。

 

などなど、基礎だけでも覚えておきたいことは多い。

 

面接は、動き方や敬語に慣れるためにも早め早めの準備が大事。これらを参考に事前対策を練っておくことはもちろん、当日風邪をひいちゃった…なんてことのないよう、体調管理もしっかりと!

田中美枝 effect 編集者・ライター

田中美枝/effect

編集プロダクション・エフェクト所属。食べ歩いたり、お嫁に行ったりで、最近は事務所にもほとんど顔を出していないお転婆ライター。着ぐるみを着てダンスするアルバイトのせいで維持されていたスタイルも、大学を出てわずか数年で、すっかりうっかり、どこへやら。明日は出社するのやら。

ページのトップへ