高校生の今

通学路は男女別!おだんご髪型はNG!?…高校の厳しすぎる校則

通学路は男女別!おだんご髪型はNG!?…高校の厳しすぎる校則

Qあなたの学校で厳しすぎる校則はありますか?

 

リクナビ進学では2014年6月に全国416人の高校生にアンケートを実施した。

 

その結果、いちばん多かったのは「髪型・頭髪の校則が厳しい」という答え。髪のカラーが禁止とされるほか、

 

「シュシュの色は黒・紺・茶の3色のみ」(高3女子・茨城)

 

「髪は一本結びで、その高さは耳たぶより下」(高3女子・秋田)

 

「おだんご禁止」(高3女子・兵庫)

 

「ポニーテールの位置が正面から見えてはダメ」(高1女子・大阪)

 

「髪は肩についたら結ぶ」(高2女子・神奈川)

 

など、女子のおしゃれ心をくじく校則がずらり。

 
 

また、男子も負けていない。

 

「髪が眉や耳にかかってはいけない」(高2男子・高知)

 

「前髪は眉にかからない、もみあげは耳の半分。襟足は制服にかからない」(高2男子・静岡)

 

などかなり細かく指定されている。

 

通学路は男女別!おだんご髪型はNG!?…高校の厳しすぎる校則

 

服装の校則はスカート丈と靴下と眉毛が、高校生にとって3大ネック。

 

スカート丈と眉毛は想像どおりの内容だけれど、靴下についてはオリジナリティあふれる校則ばかり。

 

最初から「靴下は白」(高2女子・香川)という学校もあれば、「なぜか集会には白靴下。進学関係のイベントも白靴下の着用は絶対!」(高3男子・沖縄)というところもある。

 

「靴下は黒か紺のハイソックス」(高3女子・北海道)

 

「靴下は学校指定のものだけ」(高2女子・東京)

 

「靴下は下げて履いてはいけない」(高3女子・神奈川)

 

「靴下は三つ折り」(高1女子・東京)

 

とバリエーション豊富。

 

通学路は男女別!おだんご髪型はNG!?…高校の厳しすぎる校則

 

たかが靴下くらいで…とあなどってはいけない。なかには「靴下の校則違反で停学になる」(高2男子・京都)という学校も。

 

そのほか、高校生が厳しすぎる!と感じている校則を紹介しよう。

 

「携帯電話の使用禁止」(高3男子・新潟)

 

「バスの遅延は遅刻の理由にならない」(高3女子・北海道)

 

「カーディガンだけで過ごしてはいけない」(高1女子・千葉)

 

「先生の許可なく保健室に行けない」(高3女子・石川)

 

「授業のチャイムが鳴ったあとに教室に入るには『入室許可証』を取りにいく必要がある」(高1女子・大分)

 

「男女交際禁止」(高1男子・埼玉)

 

「授業中、携帯のマナーモードを忘れたら、親に携帯をとりにきてもらわなくてはならない」(高1男子・奈良)

 

「ジャージ禁止」(高2女子・群馬)

 

「ミサンガ禁止」(高3女子・兵庫)

 

「校内でお菓子禁止」(高2女子・兵庫)

 

「第1ボタンを開けてはいけない」(高3女子・京都)

 

「ゲーセン禁止」(高2男子・鹿児島)

 

「カラオケ禁止」(高1女子・埼玉)

 

「遅刻をしたら廊下で読書」(高2男子・北海道)

 

「登校中のイヤホン禁止」(高2男子・高知)

 

厳しすぎる校則に、みんなが真剣に悩んでいるかもしれないなか、思わず笑ってしまうような校則も紹介する。

 

通学路は男女別!おだんご髪型はNG!?…高校の厳しすぎる校則

 

「校内でイチャイチャしたら停学」(高2女子・東京)

 

「眉毛そったら謹慎」(高3女子・山口)

 

「口笛禁止」(高2女子・兵庫)

 

「袖めくり禁止」(高2女子・京都)

 

「通学路は男女別」(高1女子・東京)

 

「どんなに大雨が降ってもプールは中止にならない」(高1女子・東京)

 
 
 

そして、できた経緯が気になるナゾの校則がこの2つ!

 
 

「下着は白」(高3女子・愛知)

 

「恋愛は肌が触れ合う程度まで」(高2男子・岐阜)

注目キーワード

永井ミカ メディアクルー ディレクター・ライター

永井ミカ/メディアクルー

ペットからエンタメ、教育、ビジネスまで、雑誌や書籍、広告などの企画、編集、執筆、コピーライティングを手がけています。独身時代はライブやクラブでの夜遊びが大好きでしたが、今は正しい小学生男子の母として昆虫採集やキャンプ、里山遊びなどにかり出される日々。都会で、田舎で、ピースフルなネタ探してきます!

ページのトップへ