• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 吉備国際大学
  • 在校生レポート一覧
  • 神田 颯大さん(農学部 地域創成農学科)

私立大学/岡山・兵庫

キビコクサイダイガク

在学生の学校紹介レポート

右へ
左へ

狩猟サークルの活動を通して、より活動的に。充実の学校生活をレポート

狩猟サークルへの入部をきっかけに、ジビエの魅力と奥深さにどんどん惹き込まれたという神田 颯大さん。「楽しくて仕方がない」という、狩猟サークルの活動をはじめとしたキャンパスライフを紹介してもらいました。

農学を学ぶ
農学部 地域創成農学科
(2015年入学)
神田 颯大さん
  • 農業 志望
  • 島根県 出雲高校 卒
多くの出会いを通して、失敗を恐れず挑戦できるようになりました

「獣害」をなんとかしたい、という思いから狩猟サークルに入部

狩猟は罠を仕掛けたり、犬を使います。命のやりとりは常に真剣

獲物は丁寧に加工し、研究者に提供したり、食材として使用します

実家は農家。悩まされていた獣害を、なんとかしたいと思ったことをきっかけに狩猟サークルに入部しました。狩猟を行うために必要な免許を取得し、さまざまな人の伝手を辿って実践的な狩猟のノウハウを学んだり、解体などの加工方法を習得。その奥深さを知るほどにジビエ(狩猟肉)の魅力に惹き込まれ、食肉としての可能性と、美味しさを追求したいという思いが芽生えました。もっと多くの人にジビエの美味しさを伝えたいですね。

学園祭やオープンキャンパス、学外のイベントでジビエ料理を振る舞っています

イベントで獣肉を使ったやきそばを販売。お客さんにも好評です

ソーセージやカレーなど、獣肉を使った食品の研究も行っています

狩猟で得た獣肉はサークルのみんなで調理をして食べるほか、学園祭やオープンキャンパス、学外では海の駅などで催されるイベントにも出展しています。メニューはやきそばやソーセージが多いですね。多くの人にジビエの美味しさを知ってほしいので、お肉だけを焼いて、お客さんに試食してもらうこともあります。「美味しい」「想像していた臭みが無いし、柔らかい」「次のイベントも来て」といった反応をいただけると嬉しいですね。

自由に、いろいろなことに挑戦できる校風。特に先生の存在は大きいです

獣肉を使ったBBQ。命に感謝し美味しくいただくことも大切です

狩猟のシーズンは冬。加工した獣肉は個別包装し大切に保管します

高校生の頃は、物事に取り組む前にいろいろ考えてしまって、一歩踏み出せないところがありました。大学に入学して一番の変化は、失敗を恐れなくなったこと。「何事も、まずやってみる」と考えられるようになったことですね。僕が以前よりも活動的になれたのは、自由な校風と、失敗を恐れないことを学ばせてくれた先生の存在です。失敗したら別の方法を考えればいい、失敗は次に進むための力になるんだと気づくことができました。

先生からのメッセージ

  • 金沢 功先生/専門分野:食品栄養化学、食品加工学

どんな学生にも必ず「やりたいこと」があるはず。どんなに難しいと思われることでも、可能性はゼロではありません。学生の真剣な夢や希望は絶対に叶えたいし、諦めてほしくない。そのための協力は惜しみませんよ。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...

この学校のおすすめ記事

吉備国際大学(私立大学/岡山・兵庫)