• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国公立大学
  • 山口
  • 山陽小野田市立山口東京理科大学
  • 在校生レポート一覧
  • 菅江 雄次さん(工学部機械工学科)

公立大学/山口

サンヨウオノダシリツヤマグチトウキョウリカダイガク

在校生の学校紹介レポート

右へ
左へ

学生フォーミュラ活動に熱中。ものづくりに打ち込む学校生活をレポート

ものづくりに強い関心を寄せ、工学部に進学したという菅江 雄次さん。入学当時から精力的に取り組む「学生フォーミュラ活動」をはじめ、充実したキャンパスライフを紹介してもらいました。

工学を学ぶ
工学部機械工学科
(2017年入学)
菅江 雄次さん
  • 機械開発・設計 志望
  • 長崎県 青雲高等学校 卒
ものづくりにゼロから取り組み、完成させる喜びを実感しています

朝活の場は「ものづくり工房」。フォーミュラカーの開発に取り組んでいます

授業前にものづくり工房へ直行。設計図の調整や進捗を確認します

部品設計は分担して行うため、学生同士の連携が欠かせません

自動車部に所属し「学生フォーミュラ活動」に取り組んでいます。ものづくりに関心があり工学部を志望していましたが、本学への入学の決め手となったのがこの活動でした。フォーミュラカーの開発は、設計から製造、組み立てまで、すべてを学生の手で行います。大学入学までは、自分自身の手で“何かを作り上げる”という経験が少なかったので、仲間と協力し合いながら、ものづくりに取り組める環境に強い魅力を感じています。

設計図が完成したら、いよいよ部品製造。工作機械を使って実作に取り組みます

旋盤を使って金属加工を行います。ミリ単位の作業は集中が必要

工作室で溶接も実施。実習で学んだ技術や安全管理が役立ちます

設計は部位ごとに学生同士で分担して行います。各部品の設計が終わったら、専用ソフトを用いて動作をシミュレート。「車両」として全体が問題なく動くかどうかを徹底的に確認します。製造に取り組むのはそれからですね。授業では材料・流体・熱・機械の4力学の学修をはじめ、デザイン工学などの授業、実験や実習を通して工作機械の取り扱いも修得するため、学びのすべてが「フォーミュラカー開発」という実践に活きています。

学生フォーミュラ活動を通して、物事を深く追求する習慣が身につきました

完成した車両は、大会参加のほか地域のイベントなどにも出展

全日本学生フォーミュラ大会出場に向けて、日々活動しています

活動を通して成長したと感じるのは、自主性が身についたこと。さらに、物事に対して深く考えることができるようになりました。そうした姿勢が培われたのは、自動車部の先輩方のおかげ。“こんなことをしてみたい”という僕の発案に対して、さまざまな質問を通して考えを掘り下げる機会をくれました。そうした積み重ねから自分から物事を調べる習慣が身につき、学生フォーミュラ活動にもより積極的に取り組めるようになりました。

広報課からのメッセージ

  • 鈴木 雄介さん/広報課広報入試係 主任主事

工学部では、工学の礎となる数学・物理学・化学を十分に理解し、高度な専門知識と応用技術を修得する体系的な教育プログラムを導入しています。世界を視野に地域のキーパーソンをめざしましょう。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...

この学校のおすすめ記事

山陽小野田市立山口東京理科大学(公立大学/山口)