• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 高津理容美容専門学校
  • 在校生レポート一覧
  • 春田 海鈴さん(美容科)

大阪府認可/専修学校/厚生労働大臣指定/大阪

コウヅリヨウビヨウセンモンガッコウ

第10回全国理容美容学生技術大会ネイルアート部門

右へ
左へ

全国の美容学生と競い合う舞台。自分の実力を試せる絶好の機会

全国約230校、約3000人の中から予選を勝ち抜いた学生が技術を競う、第10回全国理容美容学生技術大会のネイルアート部門で、優秀賞を受賞した春田さんに、大会を通して成長したことを伺いました。

美容技術、ネイルを学ぶ
美容科
(2017年)
春田 海鈴さん
  • 美容師 志望
  • 大阪府 春日丘高校 卒
全国理容美容学生技術大会出場で、意識が変わりました

デザインが決まるまで何度も描き直し。毎日残ってやりきりました!

大会の6ヶ月前からデザインを考え始めました。先生にデザイン案をお見せしてブラッシュアップしていくのですが、もともと絵を描くのが苦手だったので、何度も描き直しに。2ヶ月ほど掛けてデザインが決定。できるだけ自分の個性を出し、独創性のあるものを創れるように頑張りました。KOZUからは私を含めて2名が全国大会に参加。お互いのデザインを見てアドバイスをし合ったり、タイム内に完成させる練習を繰り返しました。

時間内に終わらせる練習。初めの頃は30分もオーバーしました

右へ
左へ

友人の頑張る姿に触発され、意識が変わりました

地区大会後は全国大会に向けて、毎日放課後に残って練習しました。ワインディングの大会に出場する友人の必死な姿を見て、「このままじゃダメだ。自分ももっと頑張らなきゃ。やるからには賞を取るつもりでやる!」と思い、それからは必死で練習。KOZU校内コンテストや地区予選を勝ち抜けなかった仲間のためにも、頑張りました。

これまでの積み重ねを披露する舞台。不思議と緊張しませんでした

右へ
左へ

優秀賞受賞!一生懸命に取り組むことの大切さ、楽しさを学ぶことができました

大会に出るまでは、苦手だからと、絵を描くことから逃げていました。先生方に何度もアドバイスをいただき、必死で描き続けて、デザインが出来上がったときには、成長を実感することができました。また、絵を描くことが楽しくて好きになりました。一生懸命に取り組むことの大切さを学べた貴重な経験です。将来、美容師になることをめざしていますが、ネイリストの資格を取得して、ネイルのできる美容師になりたいと思います。

仲間の存在が、毎日頑張れる原動力になりました

右へ
左へ

日々の努力が実を結んだ優秀賞受賞。これからの成長が楽しみ!

  • 美容科講師 松元先生

最初は「できない」と言っていたのですが、デザインを決めてからは必死で練習していました。大会直前のデザイン変更にも対応できたのは、人の意見に耳を傾け、柔軟に対応できる力を持っているから。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...

この学校のおすすめ記事

高津理容美容専門学校(専修学校/大阪)