• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 神戸常盤大学
  • 在校生レポート一覧
  • 田口 直樹さん(保健科学部 医療検査学科/3年生)

私立大学/兵庫

コウベトキワダイガク

キャンパスライフレポート

「不治の病」に立ち向かう、臨床検査技師の仕事に誇りを感じています。

保健科学部 医療検査学科 3年生
田口 直樹さん
  • 兵庫県 淡路三原高校 卒
  • クラブ・サークル: バスケットボールサークル

私のキャンパスライフShot!

  • キャンパスライフPhoto

    測定結果から病状を考える道筋が楽しく、やりがいを感じます

  • キャンパスライフPhoto

    心エコーなど、超音波での検査も臨床検査技師の重要な仕事です

  • キャンパスライフPhoto

    学部棟でもある2号館の自習室は自慢の施設のひとつ

学校で学んでいること・学生生活

現在は病院実習の真っ最中。授業で習った技術や知識がそのまま現場で役立つので、日々成長を実感しています。神戸常盤は実習の幅が広く、医者や研究者など、さまざまな分野の先生から学ぶことで視野も広がりました。先生も学生と親身に向き合ってくださり、とても学びやすい環境です。

これから叶えたい夢・目標

臨床検査技師の国家資格はもちろん、細胞検査士の資格取得も目標に学んでいます。病院での臨地実習を通して、患者さんとのやりとりやチーム医療の中で必要となるコミュニケーション力を伸ばすことが重要だと感じました。病院だけでなく、将来的には研究職として、がんと闘う人のサポートを続けたいと思っています。

この分野・学校を選んだ理由

これからの医療職の需要の高まりを感じ、臨床検査技師を志望しました。国家試験の合格率が高いことと、通常は実務経験が必要な「細胞検査士」の資格を卒業と同時に取得できるカリキュラムがあることが決め手になりました。

分野選びの視点・アドバイス

1年次は高校の総復習から始まります。化学や数学が苦手だった人も、基礎からしっかりと教えてくれるので、4年間の学びを着実にこなしていけば国家試験合格の実力が身につきますよ。病気の診断・治療は医師の役割ですが、その病気の診断や治療方法を決めるために必要なデータを提示するのは僕たち臨床検査技師の仕事。責任重大ですが、大きなやりがいのある職です。神戸常盤でともに学びましょう!

1週間のタイムスケジュール

 
1限目 保健医療福祉総論 臨床化学検査学II 生理機能検査学実習II 病原微生物検査学II
2限目 放射性同位元素検査学/医療安全 検査管理総論/病院・医療情報管理総論 遺伝子・染色体検査学II/免疫検査学II 生理機能検査学実習II 細胞検査学
3限目 免疫検査学実習 医療安全
4限目 輸血・移植検査学 血液検査学実習I 臨床病理検査学実習II 免疫検査学実習 画像検査学
5限目 臨床化学検査学II 血液検査学実習I 臨床病理検査学実習II 免疫検査学実習 臨床病態学I(病因・病態)
6限目

「臨床化学実習」ではピペット、比色計などの様々な器具・機器を使い、試薬の調合や血液検体の測定を行います。そしてその結果から、身体の中で何が起こっているのかを考える、現場に則した授業です。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...

この学校のおすすめ記事

神戸常盤大学(私立大学/兵庫)