• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 茨城
  • つくば国際大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 小栗 由衣さん(医療保健学部 診療放射線学科/診療放射線技師)

私立大学/茨城

ツクバコクサイダイガク

高度な制御技術を駆使して、病気の早期発見に尽くします

先輩の仕事紹介

医師と患者様、双方から信頼してもらえる診療放射線技師を目指して日々頑張っています

診療放射線技師
医療保健学部 診療放射線学科/2017年卒
小栗 由衣さん

この仕事の魅力・やりがい

2年目の現在は、CT、マンモグラフィ、レントゲン撮影、バリウム検査、PEM(乳房専門PET検査)といった検査業務に従事しています。当院では人間ドッグとともに、乳腺外来に力を入れていますので、女性の診療放射線技師が求められる場面が多いです。この仕事の魅力としては、医師と二人三脚で病気の早期発見に関われることですね。また、マンモグラフィやバリウム検査というのは、患者様にとって時に気の進まない検査だったりするのですが、「思っていたよりも痛くなかった」「丁寧にみてくださってありがとう」などのお褒めの言葉をいただくと、素直に嬉しいですし、そんな時はこの仕事に就いて良かった、と心から思います。

この分野・仕事を選んだきっかけ

「人の役に立つ仕事に就きたい」という気持ちは小さい頃から漠然とありました。また、母が医療事務の仕事をしていたので、母の職場に何度か足を運ぶうちに、病院という空間が身近なものに感じられるようになっていました。数多くある医療専門職の中でも診療放射線技師になろうと思ったのは、祖父や祖母が精密検査を受けた時に、CTの画像を家族のみんなで見る機会があったから。「体を切ったわけじゃないのに、体の中がこんなふうに見れるなんてすごいなあ」と、子どもながらに感動したのがきっかけです。シンプルな好奇心が、この仕事を目指す出発点となりました。

精確・適切な検査・治療を日々行っています

学校で学んだこと・学生時代

つくば国際大学を選んだ理由はいくつかありますが、診療放射線学科の「一期生」だったことは大きいです。新たな歴史を作っていく、と言うと大げさですけど、一期生ゆえのチャレンジができるんじゃないかと思いました。大学の4年間では、講義にせよ実習にせよ、学んだことのすべてが現在の仕事に役立っています。思い出として特に鮮やかに残っているのは学内実習です。臨床実習の直前に、授業が終わってから友人たちと必死に練習したのが記憶に残っています。先生たちとの距離が近かったのも心強かったです。わからないことが出てくるとすぐに先生の部屋まで質問に行き、その日のうちに解決していただきました。

患者様の不安を少しでも軽減できるよう心がけています

小栗 由衣さん

医療法人DIC 宇都宮セントラルクリニック 勤務 検査部放射線グループ所属/医療保健学部 診療放射線学科/2017年卒/栃木県出身。宇都宮南高校卒業。中学および高校時代は吹奏楽部に所属し、クラリネットを演奏していた。「今も音楽は大好きですね。ジャンルにこだわらず幅広く聴きます」。休日は、地元の友人とご飯を食べに行くことが多いらしい。福島や埼玉など近県に散らばる大学時代の友人たちとも時々会って、情報交換をしている。今後の目標は、マンモグラフィの認定資格を取得すること。最終的には「医師にも患者様にも全幅の信頼を置かれる診療放射線技師になりたいですね」と、意気込みを語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

つくば国際大学(私立大学/茨城)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路