• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 愛知
  • 金城学院大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 鬼頭 采伽(きとう あやか)さん(文学部 日本語日本文化学科/役員・秘書サポートスタッフ)

私立大学/愛知

キンジョウガクインダイガク

心がけているのは、常に「明るく、笑顔で」いること。

先輩の仕事紹介

世界的企業の経営トップを間近で支える。一つひとつが社会貢献に繋がる仕事です。

役員・秘書サポートスタッフ
文学部 日本語日本文化学科/2018年卒
鬼頭 采伽(きとう あやか)さん

この仕事の魅力・やりがい

主に、役員の会議日程を組む業務に携わっています。私の仕事は、表立って見えるものでも、形に残る仕事でもありません。けれども、会議によって色々なことが決まっていく、その“はじめの一歩”を担っているのだと思うと、世の中に影響力のある企業だからこそ、私の仕事一つひとつが社会貢献に繋がっているんだと実感します。さまざまな部署・担当者とやり取りするなど、多くの人たちと連携しながら、経営トップの近くでサポート業務ができることに、とてもやりがいを感じています。今後もさらに幅広く経験を積みたいです。そのためにも、どんな小さな仕事にも誠実に向き合い、一つひとつ積み重ねていくことが大切だと思っています。

分野選びの視点・アドバイス

社会の仕組みを知らない中で始めた就職活動でしたが、金城の業界研究セミナーなどを通して、さまざまな業種・企業について知ることができました。キャリア支援センターの方をはじめ、先輩や企業の方など、いろんな人の話を聞き、メーカーや銀行など、幅広い業種を調べました。その中でも「車が好き+社会に貢献したい」という思いから、この会社を志望。金城の卒業生が多く活躍している安心感も大きかったです。将来の視野を広げられ、自分の人生についてじっくり考えることができたのは、キャリア支援センターの方のアドバイスがあってこそだと実感しています。“自分の未来を想像して分野を選ぶ”ことの大切さを教わりました。

学校で学んだこと・学生時代

高校の頃、好きだった科目は「英語」と「古典」。大学進学の際には、“大学でこそ学べる学問を”と思い、日本文学を深く学ぼうと決めました。金城の日本語日本文化学科は、文化も文学も、近現代から古典まで幅広く学べるところが決め手になりました。また、華道や茶道などの伝統文化を、それぞれの分野の第一線で活躍されている先生方から指導いただけるのも、大きな魅力のひとつでした。部活動では、管弦楽団に所属し、裏方として携わりました。演奏会を運営する立場として、相手の要望をきちんと汲み取ることで、スムーズに進行できることを体感。ここで培った力は、現在の仕事でも生かされています。

鬼頭 采伽(きとう あやか)さん

トヨタ自動車株式会社/文学部 日本語日本文化学科/2018年卒

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

金城学院大学(私立大学/愛知)