• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国際医療福祉大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 植木 知恵さん(医療福祉学部 医療福祉・マネジメント学科/医療事務・秘書)

私立大学/栃木・千葉・東京・神奈川・福岡

コクサイイリョウフクシダイガク

患者様に安心感を持っていただける対応を心がけます

先輩の仕事紹介

医療が必要な方の手助けをしている―そんな実感を持てた時に、喜びを感じます!

医療事務・秘書
医療福祉学部 医療福祉・マネジメント学科 診療情報管理コース/2015年3月卒
植木 知恵さん

この仕事の魅力・やりがい

初診窓口での接遇、レセプト(保険者に請求する診療報酬の明細書)の作成、保険者からの査定の管理、月に一度行われる院内の保険請求委員会に向けての資料作りなど、業務は多岐にわたります。その中でも特にやりがいを感じるのは、患者様と直接関わる窓口業務です。来院された患者様が最初に接するのが私たちなので、安心感を持っていただけるような対応を常に心がけています。治療を必要とされている患者様と医師をつなぐ橋渡しがスムーズにできた時は、「この仕事に就いて良かった」と心から思います。また、レセプトの作成や査定の管理といった業務は、病院経営にとって非常に重要なものなので、緊張感を持って取り組んでいます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

子どもの頃に持病があったため、定期的に病院で検診を受けていました。そのため、医師や看護師さんと接する機会が多く、いつしか医療に関わる仕事に就きたいと思うようになりました。また、看護師をしている8歳上の姉や、医師をしている従兄弟の影響も大きかったですね。私はコツコツと物事に取り組むことが好きな性格なので、事務職が合っているかなと思い、この分野を選びました。数ある進学先の中から国際医療福祉大学を選んだ決め手は、医療・福祉・マネジメントを総合的に学べることと、「チーム医療・チームケア」に力を入れているので他学科の学生との交流が深く、学生のうちから他の医療専門職についての知識を得られることでした。

念願が叶い、医療に関わる仕事に就けました

学校で学んだこと・学生時代

充実した学生時代でしたが、特に印象に残っているのは、診療情報管理士の資格取得へ向けた試験勉強とゼミでの学びです。所属ゼミでは先生が毎回、医療関連を中心にさまざまな時事問題を提供してくださり、順番に司会を務めながら全員でディスカッションの訓練をしました。そこで培ったコミュニケーション能力が、今の職場でのミーティングや勉強会で役に立っています。また、他学部の学生と一緒に学ぶ「関連職種連携教育」では、他の医療職種に対する理解を深めることができました。力を合わせて実習を乗り切ったことで、チームの仲間とは一生の友と言える関係になりました。今でも年に数回集まって旅行に行くなど、楽しい時間を過ごしています。

学生時代に培ったコミュニケーション能力が生きています

植木 知恵さん

済生会宇都宮病院 事務部 医事管理課勤務/医療福祉学部 医療福祉・マネジメント学科 診療情報管理コース/2015年3月卒/栃木県出身/国際医療福祉大学在学中に8つの資格を取得した勉強家。現在も来るべき診療報酬および介護報酬の改定に向けて、院内や院外での勉強会に積極的に参加している。当面の目標も「担当業務をきちんと理解し、適正にこなせるようになることです」と堅実。中学時代は陸上部で駅伝のランナーだったことも。「今でも箱根駅伝を観るのが大好きです」。趣味は休日のカフェ巡り。また「まだ趣味とまでは言えないですけど、登山も始めました」とのこと。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
国際医療福祉大学(私立大学/栃木・千葉・東京・神奈川・福岡)