• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国際医療福祉大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 佐竹 可子さん(保健医療学部 視機能療法学科/視能訓練士)

私立大学/栃木・千葉・東京・神奈川・福岡

コクサイイリョウフクシダイガク

「眼」の健康に貢献できる視能訓練士という仕事に誇りを持っています

先輩の仕事紹介

「視覚」という重要な感覚機能に関わる医療専門職として、充実した毎日を送っています

視能訓練士
保健医療学部 視機能療法学科/2018年卒
佐竹 可子さん

この仕事の魅力・やりがい

「眼」に関するさまざまな検査や視機能回復の矯正訓練を、医師の指示のもとに専門的に行うのが視能訓練士。1年目の現在は、視力・眼圧検査、OCT(光干渉断層計)を使った眼底検査、白内障の術前検査、さらには、小児外来で斜視や弱視などの検査を主に担当しています。自分の行った検査が患者様の喜びや幸せにつながっていると実感できた時、視能訓練士としての誇りとやりがいを感じます。例えば、白内障の術前検査を担当した患者様が、術後に「よく見える!」と喜んでいる姿を見ると、まるで自分のことのように嬉しくなりますし、「ありがとう」と感謝の言葉をいただけたりすると、この仕事に就いて良かったと思います。

この分野・仕事を選んだきっかけ

家族でよく医療系のテレビドラマを見ていたこともあり、幼い頃から漠然と医療職への憧れを持っていました。また、小学生の頃から近視だったので、眼科は身近な存在でした。高校生になって進路を決める際に、「そういえば、眼科で視力検査をしてくれる人って……」と気になって調べてみたところ、「視能訓練士」という職業が存在することを知りました。外界からの情報の約8割を得ているといわれる「視覚」は、人間の五感の中でも特に重要な感覚なので、そこに関わる仕事ができたらきっとやりがいや充実感を得られると思い、視能訓練士をめざすことにしました。国際医療福祉大学を選んだのは、国家試験合格率と就職率の高さからです。

信頼できる仲間に囲まれ、とても充実した職場です

学校で学んだこと・学生時代

私は元々、人とコミュニケーションをとることが得意ではありませんでした。しかし国際医療福祉大学での「保育実習」と「臨地実習」という2つの実習を経験し、今では患者様にスムーズな対応ができています。「保育実習」では、保育園で子どもたちと2週間ふれあったことで、子どもとのコミュニケーション方法が身につきました。おかげで今では、斜視外来の幼い患者様ともすぐに仲良くなれます。また、「臨地実習」は6週間の実習が2回あり、最初はすごく緊張しましたが、先生や友だちに励まされ、少しずつ克服できました。それらの実習のおかげで自信がつき、こうして今の私があります。

患者様とのコミュニケーションスキルも大学で学びました

佐竹 可子さん

国際医療福祉大学病院 眼科勤務/保健医療学部 視機能療法学科/2018年卒/青森県東北町出身。県立八戸北高校卒業。趣味は「好きなコーヒーを飲みながらカフェでのんびり過ごすこと」。フクロウが大好きで、フクロウのいるカフェに行くために休日は東京に出向くこともあるという。また、冬になると、3年ほど前から始めたスノーボードを楽しんでいる。当面の目標は「豊富な知識と素早い判断力で、患者様の「眼」の健康に少しでも貢献することです」とのこと。「優秀な先輩たちにはやく追いつけるよう、日々奮闘しています」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

国際医療福祉大学(私立大学/栃木・千葉・東京・神奈川・福岡)