• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 栃木
  • 国際医療福祉大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 宇賀神 亨さん(保健医療学部 看護学科/看護師)

私立大学/栃木・千葉・東京・神奈川・福岡

コクサイイリョウフクシダイガク

細心の注意をはらいながら点滴を準備します

先輩の仕事紹介

病状の小さな変化にも気づける看護師として、患者様の回復を支えています

看護師
保健医療学部 看護学科/2018年卒
宇賀神 亨さん

この仕事の魅力・やりがい

大学を卒業して1年目。主に腎臓病の患者様を担当しています。意識障害により救急車で運ばれてきた患者様が、治療を受けて徐々に歩けるようになったり、自分で食事ができるまでに回復される姿を見ると、「この仕事に就いて良かった!」と思います。医療職の中でも看護師という仕事は、患者様に関わる時間が一番長いと思います。日々の小さな変化に気づける立場なので、気づいたことをすぐに医師に伝え、他の医療職の方と情報を共有しながら患者様の回復を支えていく……。そんな看護師という仕事に自信と誇りを持って、これからも前進し続けます!

この分野・仕事を選んだきっかけ

看護師をめざしたきっかけは、小学生の時に経験した祖父との死別。初めて「死」というものに触れ、「なんとかして助けられないだろうか」と考え始めました。そのため高校時代には自然と医療職を志し、中でも患者様に関わる時間が多い看護師になろうと決意しました。専門学校も考えましたが、大学院への進学や将来のキャリアアップを想定し、4年制大学の道を選びました。最終的に国際医療福祉大学に決めた理由は、医療福祉の総合大学だからです。さまざまな医療職をめざしている学生がいるため、「チーム医療・チームケア」を在学中に経験できるのが魅力でした。さらに、多くの附属病院で実習でき、就職につながる点も決め手でした。

看護師になって1年目。責任をひしひしと感じています

学校で学んだこと・学生時代

大学では、看護師になるための知識や技術はもちろんのこと、人との関わり方や協力することの大切さを学びました。特に「関連職種連携教育」では、他学科の学生たちと一緒に1つの症例を検討し合うことで、理学療法士、作業療法士、薬剤師といった、看護師以外の役割を理解できました。実際に働き始めた今、その時に学んだ「チーム医療・チームケア」や「多職種連携」の重要性を強く実感しています。また、1、2年生の時は部活動でバスケットボールも楽しみ、非常に充実した4年間だったと思います。

見晴らしが良くてきれいな病院なので、とても働きやすい環境です

宇賀神 亨さん

国際医療福祉大学熱海病院 勤務/保健医療学部 看護学科/2018年卒/栃木県宇都宮市出身。幼い頃の祖父の死をきっかけに、看護師をめざすようになる。バスケットボール部で汗を流す高校時代を経て、国際医療福祉大学へ進学。卒業後は大学附属の熱海病院に就職し、看護師として多忙な毎日を送る。現在の目標は、「患者様との信頼関係を築き上げられる看護師」になること。そのために医学、看護学の勉強や、コミュニケーションスキルの向上を心がけている。休日は地元・熱海の温泉を巡ってゆっくりと休み、英気を養っている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

国際医療福祉大学(私立大学/栃木・千葉・東京・神奈川・福岡)