• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 千葉
  • 国際武道大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 尾張 尭映さん(体育学部/高校教諭)

私立大学/千葉

コクサイブドウダイガク

生徒一人ひとりの変化を見逃さぬよう気にかけています

先輩の仕事紹介

教え子たちの伸びしろは無限大!いつまでも「教育のできる指導者」でありたい

高校教諭
体育学部体育学科/2008年3月卒業
尾張 尭映さん

この仕事の魅力・やりがい

保健体育の授業の他、担任やサッカー部の顧問として生徒に関わっています。高校の担任はホームルームなどでしか生徒と関わる機会がないのですが、その分サッカー部員の指導に掛けられる時間が長いですね。入部したての頃は動きが良くなかった生徒が3年間部活を頑張って引退する時、「こんなに上手くなったんだ!」と驚くことも。現在赴任して3年目なので指導の効果やそれぞれの選手の変化を実感している時期でもあります。同じ指導をしていても一人ひとり伸び方は異なるのが面白いところ。生徒たちの伸びしろはまさに無限!人間性の育成にもチカラを入れており、常日頃より「教育のできる指導者」でありたいと考えながら指導を行っています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校3年間お世話になった先生からの影響で教師に憧れはありましたが、大学入学当初は『サッカーをしたい』という気持ちが強く、将来についてはあまり深く考えていませんでした。部活動では1年生からレギュラーで活躍。得点王になるなど結果も出してきました。しかし、進路を決める段階で「サッカーをやるのか教員になるのかハッキリしろ」と監督に言われた際、自信を持って「選手として続けていく」とは言えなかった。そこで教員になろうと決心しましたね。卒業後2年間は講師として働きながら社会人サッカーをしていましたが、父の死や東日本大震災をきっかけに、このままではいけないと一念発起。勉強に専念し、教員採用試験に合格しました。

ボードを使って戦略やフォーメーションを説明

学校で学んだこと・学生時代

武大では指導者としての人間性、教育の核の部分を学びました。「スポーツ戦略論」の授業では、著名な指導者や代表選手などを招いて講義をしてもらったことが印象に残っています。トップに立つ方の話は面白いですね。見ている高さが違う。人間性も素晴らしく、夢中で話を聞いていました。部活では毎日長い時間ミーティングを行うのですが、1学年上のチームリーダーをやっていた先輩に惹かれ、尊敬していました。カリスマ性があり、チームをまとめる上でのビジョンが見えているんです。先輩の卒業後は私がリーダーになりましたが、オフザピッチの管理にかなり苦戦。ピッチ以外でも一人ひとりを気に掛ける大切さを学びました。

グラウンドに入りプレーの指導。教え方に熱が入ります

尾張 尭映さん

千葉県立沼南高柳高等学校 保健体育科勤務/体育学部体育学科/2008年3月卒業/小学2年生からサッカーを始め、学生時代はサッカー漬けだったという尾張先生。大学でもサッカーに打ち込み、フォワードのポジションで千葉県リーグの得点王として活躍。卒業後は中学・高校の講師として勤務する傍ら、千葉教員SCの選手としても活動。2011年に教員採用試験に合格し、中学校教諭を経て高校教諭へ。現在はサッカー部の顧問を務め、JFA公認A級コーチジェネラルのライセンスも取得。部員達の指導に力を注いでいる。学生時代を振り返り「監督・先輩との出会いと、サッカーに対する情熱がすべてのベースになっています。教員として学ぶところも多かった」と語る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
国際武道大学(私立大学/千葉)