• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 山梨
  • 山梨学院大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 小澤 仁那さん(健康栄養学部/管理栄養士)

私立大学/山梨

ヤマナシガクインダイガク

先輩の仕事紹介

患者様の健康に貢献できる実感こそが、管理栄養士の仕事の一番の魅力です

管理栄養士
健康栄養学部 管理栄養学科/2016年卒
小澤 仁那さん

この仕事の魅力・やりがい

管理栄養士として諏訪赤十字病院に就職して3年目。学生時代の実習でお世話になった病院に希望通り就職でき、とても充実した毎日を送っています。現在は循環器と小児科の2つの病棟を担当。食事制限がある方に対してお出しする病院食は塩分が少なく患者様も戸惑いますが、ご理解いただけるよう丁寧に説明しています。また、小児科では保護者の方から家庭での様子を聞きながら、しっかりと話し合うことも大切にしています。患者様と一対一での「栄養指導」を担当させていただくことも多く、私からの指導内容が症状の改善に貢献していると実感できるときが「管理栄養士になってよかった」と思える瞬間です。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校時代、私の周りでは進路先として医療系を選ぶ友だちが多かったこともあり、私も医療系の仕事に興味が出てきました。インターネットなどで調べてみたところ「管理栄養士」という職種を知り、食べることが大好きで「食事と健康の大切さ」を普段から感じていた私にはピッタリだと感じました。また、家庭科と理科が好きで得意だったので、それを活かして勉強ができることも魅力でした。そこで地元に近い進学先を探して何校か見学したところ、山梨学院大学は少人数で先生との距離も近く、皆で協力しながら学べる印象を受け、入学を決意しました。広々として明るいキャンパスがとても印象的だったことも、入学の決め手となりました。

一人ひとりの患者様のことを考えながら献立を考えます

学校で学んだこと・学生時代

山梨学院大学では「栄養教諭1種免許状<国>」のための教職課程も選択しました。そこで学んだ指導方法は、患者様に対する栄養指導の際にとても活かされています。また、授業では山梨県産の食材を使った料理を考えることも多く、「フーズサイエンス」というサークルに入っていたこともあって、友だちみんなで新しいメニューをたくさん考え合ったことは今でも大学生活での良い思い出です。また、県や関係機関など地域と連携した授業・実習も豊富でした。私はネオマスカットを担当する「フルーツ大使」として任命され、山梨県産の果物のPR活動をお手伝いする取り組みはとても楽しい思い出となりました。

優しい先輩や同僚に囲まれた働きやすい職場です

小澤 仁那さん

日本赤十字社 諏訪赤十字病院 勤務/健康栄養学部 管理栄養学科/2016年卒/長野県出身。高校時代に管理栄養士の仕事に興味を持ち、国家試験合格率(2017年度合格率100%/受験者44名)の高さも魅力の山梨学院大学に進学。大学4年間では勉強はもちろんのこと、フード系のサークル活動や、パスタ屋・パン屋でのアルバイトなどを通じて、放課後も「食」への探究に努める。卒業後は「地元・長野県で就職」との希望通り、実習先でもある諏訪赤十字病院にスムーズに就職。現在はさらなる専門性を身につけるための学びにも余念がない。休日は友人たちと愛車でドライブし、長野や山梨の自然を愛でて気分をリフレッシュしているとのこと。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

山梨学院大学(私立大学/山梨)