• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 三重
  • 四日市大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 水谷 晴香さん(総合政策学部 総合政策学科/事務職員)

様々な業界を視野に入れていましたが、変革期にあり、やりがいを感じられそうな自動車業界を選びました。

先輩の仕事紹介

地元に貢献できている実感が得られる環境の中で毎日楽しく働いています。

事務職員
総合政策学部 総合政策学科/2019年卒
水谷 晴香さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

私が働いているのは自動車の部品を製造している企業です。部署にはたくさんの方が所属しているので、同僚や関係者間できっちりコミュニケーションを取ることを常に意識して仕事をしています。そうすることによって作業が円滑に進むのはもちろん、改善案などを出し合える環境作りにもつながります。また、自分の仕事内容への理解が深まり、担当業務をミスなく行えるようにもなると思います。そのほか、自分が担当する業務の中でどのようにすれば効率が良くなり、正確に行えるかも常に考えています。以前より効率が上がったと実感できた時がやりがいを感じる瞬間です。

この分野・仕事を選んだきっかけ

私は大学3年生の時に本格的に就職活動をはじめました。どのような分野、どのような環境で働きたいかを考え、また、自分にはどのような仕事が合ってるのか、適性についても考えてみたところ、「生まれ育った地元で人をサポートする仕事をしたい!」と思うようになり、現在の仕事を選びました。地域に貢献できている点にやりがいを感じますし、事務職員というサポートする立場としての仕事内容にも満足しています。これらは地域との関わりが強い四日市大学で学んだからこそ実現できたことだと思います。

学生時代はいろいろなことにチャレンジできる貴重な時間です。私は部活動を通じて改善に取り組む積極性を身につけることができたと思います。

学校で学んだこと・学生時代

他の大学ではなかなか経験できない様々な活動に参加できるのが四日市大学の良さ。そして、周囲にたくさんの自然がある恵まれた環境の中で、学生それぞれが一からなんでもチャレンジできるという点がこの大学の最大の魅力だと思います。特に印象に残っているのはゼミ活動。地方自治について必死で学び、年に一度のプレゼンテーションで発表しました。ゼミの先生は就職活動の際にも親身になってくださり、心強かったです。また、部活動を通じてさらに向上することを目指して改善に取り組む姿勢も身についたと思います。

分野選びの視点・アドバイス

自動車業界は現在、変革期の真っ只中にあり、より良い方向に改善していける能力や意欲を持つ人材が求められています。そういった素養を身につけるには、どんなことにも積極的に取り組む積極性が必要だと思います。大学生だからこそできることがたくさんあると思うので、失敗を恐れず、時間を有効活用していろいろなことにチャレンジしてください。また、学業だけでなく、ゼミや部活、アルバイトなど、幅広く取り組むことも大事だと思います。私自身もゼミや部活動を通じて今まで知らなかった地域の姿を知ることができました。貴重な時間を無駄にせず、多くの方々との繋がりを作り、世界を広げていってください。

水谷 晴香さん

住友電装株式会社/総合政策学部 総合政策学科/2019年卒/全国にある拠点の中で1番多くの従業員が働く鈴鹿製作所で庶務として発注や請求書の処理、現場の方の事務処理などを行なうのが水谷さんの仕事。「多くの知識を身につけ、業務を信頼して任せてもらえる庶務員になりたい」と抱負を語ってくれました。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

四日市大学(私立大学/三重)
RECRUIT