• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 聖隷クリストファー大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 廣瀬 真実さん(社会福祉学部 介護福祉学科/生活相談員)

私立大学/静岡

セイレイクリストファーダイガク

先輩の仕事紹介

積極的にさまざまな経験を積み、多角的な視点を身につけた生活相談員になっていきたいです。

生活相談員
社会福祉学部 社会福祉学科 介護福祉専攻/2010年卒
廣瀬 真実さん

この仕事の魅力・やりがい

老人福祉施設では多くの人々が協力し合って利用者様1人ひとりの生活を支えています。介護職員だった時は、利用者様と直接的に関わり、ご家族の方々の不安や悩みの相談にのれることが魅力でしたが、生活相談員として仕事をするようになってからは、ケアマネジャーや他事業所のメンバー、病院などと密接に関わり、信頼関係を作り、連携していく必要があることをより実感しました。相談員になってさらにやりがいを感じています。さまざまな職種の方々と「利用者様を支える」という共通の目標に向かって進んでいけるのがこの仕事の最大の魅力だと思います。また、介護の仕事は結婚や出産を経ても続けられます。そこもこの仕事の良さです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

祖父母といっしょに暮らしていましたし、両親が共働きだったので、「将来は私がふたりの面倒を見るんだ」という意識を小学生の頃から持っていました。祖父母が病院に行くのについていくこともありましたが、その頃は現在のように高齢の方に対する人権や尊厳についての考え方が浸透しておらず、「もっと思いやりを持って接して欲しい」と子どもの私から見ても疑問に思うことがありました。そんなことも経験したので、「将来は福祉に関する仕事に就きたい。もっと思いやりを持って接する人材になりたい。せっかく学ぶのならしっかり時間を掛けて深く学びたい」と思うようになりました。そこで4年制大学の聖隷クリストファー大学を選びました。

ケアマネージャーさんや栄養士さんなど、さまざまな立場の方々と連携し、利用者様1人ひとりを支えるのが仕事です。

学校で学んだこと・学生時代

3年次から始まったゼミのことが特に印象に残っています。そのゼミの実習では少人数の学生が先生といっしょになり、「経験する」ということを目的に取り組みました。私はそれまで自分の主観だけで物ごとを判断することが多かったのですが、思い込みではなく、経験したさまざまなことをもとに考えて判断することの大事さを身をもって知ることができたと思います。仕事で思うように進まないことがあると、まずは自分がそのこととどのように関わっているのかを振り返り、分析するようにしています。福祉の分野をめざす学生のみなさんにも、介護や医療の専門的な授業だけでなく、さまざまな授業をバランス良く聞き、経験を積んで欲しいと思います。

主な業務は短期入所の相談や調整ですが、地域の広報活動に参加したり行事の委員としての役割を担うこともあります。

これからかなえたい夢・目標

未熟で調整が上手くいかないことがあり、周りのみなさんにご迷惑をお掛けすることがあります。まずは介護・医療に関するさまざまな知識をさらに身につけ、経験も積み、信頼される生活相談員に成長していくのが目標です。また、ケアマネージャーの資格を取得し、在宅で支援を受けられるご高齢の方のケアプランをマネージメントしたいという夢もあります。地域包括支援センターなどと協力し、地域社会の役に立ちたいのです。この施設に異動した後、職種が変わることを経験しました。さまざまな経験を積むことで多角的な視点が身につくと思います。これからも働く地域や職種にとらわれることなく、いろいろなことにチャレンジしたいと考えています。

聖隷クリストファー大学の先輩や同級生、後輩が同じ職場でたくさん働いています。働きやすい環境だと思います。

廣瀬 真実さん

社会福祉法人 聖隷福祉事業団 浜北愛光園勤務/社会福祉学部 社会福祉学科 介護福祉専攻/2010年卒/介護老人福祉施設「浜北愛光園」の生活相談員として、主に短期入所の相談や調整を担当している。現在の職場では同じ大学を卒業した先輩や同級生、後輩といっしょに仕事をすることも多いそう。業務の協力を得やすく、不安に思ったことも相談しやすいため、イキイキと働ける環境とのこと。また、ほかの福祉施設に就職した同級生から相談を受けることもあり、お互いに刺激を受けているそう。「卒業してからもずっと繋がっていられるのがこの大学の魅力です」と語る。結婚と2回の産休を経験。「福祉の仕事は長く働けられるのも魅力」とも。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
学校イメージ
先輩の仕事について学ぶ
聖隷クリストファー大学(私立大学/静岡)