• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 大阪
  • 大阪樟蔭女子大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 小林 美香さん(健康栄養学部/管理栄養士)

医師、看護師、トレーナーと連携して患者様と向き合います

先輩の仕事紹介

食事の面から患者様をサポート、一緒に決めた目標を達成できた時はうれしいです

管理栄養士
健康栄養学部 健康栄養学科 管理栄養士専攻/2016年卒
小林 美香さん

この仕事の魅力・やりがい

外来で心臓リハビリテーションに通われている患者様のサポートを行っています。栄養食事指導はもちろん、現在の職場では理学療法士や健康運動指導士と連携して、運動指導を行うこともあります。仕事に取り組むうえで最も大切にしているのは、患者様とのコミュニケーション。患者様との信頼関係ができてこそ、より詳しい日常生活のお話をしてくれるため、生活改善のポイントを一緒に見つけやすくなります。患者様の長年の生活習慣を変えるのは簡単なことではありませんが、血液検査データが良くなったり、目標を達成したときなど、患者様が頑張りを報告してくださると一緒になって大喜びしてしまうほどうれしく、とてもやりがいを感じます。

学校で学んだこと・学生時代

在学中、特に力を入れて学んだのは、生化学や臨床栄養学などの分野です。私には心臓疾患や糖尿病を抱える親族がいたので、疾患が良くなるようにと学んだ知識を伝えていました。栄養学的な知識はもちろん、カウンセリングの技法を学ぶことができたのも良い経験になりました。栄養食事指導の際には話し方も重要なので、在学中に学んだカウンセリングの技法は現在の仕事にも役立っています。管理栄養士専攻の同級生とは1年生からほとんどの授業が同じなので団結力があり、特に国家試験前にはみんなで一緒に頑張ろうという雰囲気があり、青春そのものでした。先生とも距離感が近く、卒業してからも親身になって相談にのっていただいています。

在学中は生化学や臨床栄養学などの分野に注力しました

分野選びの視点・アドバイス

私は幼いころから食に関わる仕事に興味があり、スポーツ栄養という分野を知ったことがきっかけで管理栄養士をめざすようになりました。在学中に心がけていたのは、アルバイトや友人との食事など積極的に人と出会う機会をつくることです。出会った人たちから様々な話を聞き、自分はどうなりたいのか考える時間を持てたからこそ、「食事の面から患者様をサポートする管理栄養士になりたい」という目標を見つけることができました。分野選びに迷っている方は、ぜひたくさんの人と出会って視野を広げてほしいと思います。そうすれば、なりたい自分が見えてくるはず!人とのつながりを大切に、夢中になれる目標を見つけてくださいね。

リハビリにも管理栄養士による栄養指導が活かされています

小林 美香さん

森口クリニック勤務/健康栄養学部 健康栄養学科 管理栄養士専攻/2016年卒/管理栄養士として、外来で心臓リハビリテーションに通う患者様の栄養食事指導を行う小林さん。幼いころから食に関わる職業に興味があり、中学生のときにスポーツ栄養という分野を知ったのだそう。心臓疾患や糖尿病を抱える親族がいたことから、患者様と関わる管理栄養士になりたいと考え、大阪樟蔭女子大学の健康栄養学部へ。在学中は、同じ専攻の仲間と団結し、栄養学の知識を学んだ。現在の職場である森口クリニックでは、トレーナーと連携し、運動指導を行うことも。今後の目標について「患者様に寄り添い、食事と運動の大切さを伝えていきたい」と語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大阪樟蔭女子大学(私立大学/大阪)