• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 大阪
  • 大阪樟蔭女子大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 吉田 温子さん(学芸学部 心理学科/精神保健福祉士)

患者様が良くなり、退院された時は本当に嬉しいです

先輩の仕事紹介

自分の専門性や知識が、患者様の生活を変えるきっかけになる仕事です

精神保健福祉士
学芸学部 心理学科/2017年卒
吉田 温子さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

精神保健福祉士として精神科病院の医療福祉相談室で勤務しています。業務内容としては、患者様一人ひとりに寄り添いその人にあった制度・サービスの案内や調整を行っています。また入院から退院までをサポートし、退院後もその人らしい生活を送れるよう相談援助を行う他、社会とつながりを持てるよう行政や地域の支援者への橋渡しも担います。患者様のために何ができるか何度も検討する中で、うまくいかず、悩むこともありますが、医師や看護師とチームで支え合いサポートすることで問題解決ができた時はやりがいを感じます。患者様ご家族からの感謝の言葉や、良くなられた姿を見た時は頑張ってよかったと仕事の素晴らしさを実感しています。

学校で学んだこと・学生時代

学生時代は知識を増やすために、さまざまな分野の授業に積極的に参加することを心がけていました。今の職業に就いたのも精神保健福祉士の授業で感銘を受けたことがきっかけでした。心理学を学んでいたことで、人のこころを理解でき、現在も精神的・情緒的な課題を持った方と接していくうえで役に立っています。また、学校生活の中でどの先生も親身で熱心に接してくださったことも記憶に残っています。国家試験に向けて、勉強会を開いてくださったり虎の巻を作成したりとみんな一丸となれるように授業をしてくださいました。仲間との絆も深く、卒業後の今も同じ職種の友だちとは困ったときに相談しあっています。

患者様だけでなく、そのご家族の相談にも応じています

分野選びの視点・アドバイス

私は昔から人の役に立つ仕事に就きたいと思っていました。この学校を選んだのはパンフレットを見たことがきっかけです。資格の取得を含め、さまざまな分野を幅広く学べることを知り、興味を持ちました。その後、オープンキャンパスで先輩を囲む座談会に参加し、学校の雰囲気に惹かれて入学を決めました。精神保健福祉士という職業を知ったのは大学3年生の頃です。人の心に寄り添い、その人の生活背景を捉えてニーズを汲み取り支援をしていく仕事に魅力を感じて、現在の仕事に就きました。分野選びに迷っている方には、実際にその道に進んだ先輩の話を聞いてみることをおすすめします。

心理学を学んだ経験は現在の仕事にも活きています

吉田 温子さん

医療法人財団 北林厚生会 五条山病院/学芸学部 心理学科/2017年卒/子どもの頃から将来は人の役に立つ仕事に就きたいと思っていたという吉田さん。精神保健福祉士という職業を知ったのは、大学3年生の頃に受けた授業がきっかけだったという。吉田さんが仕事をするうえで、大切にしているのはコミュニケーション。患者様やご家族の声に耳を傾け、その人の背景にあるニーズを汲み取れるように努力を続けている。今後の目標について「さまざまな研修や勉強会に参加し、精神保健福祉士としての知識を高めていきたいです」と語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大阪樟蔭女子大学(私立大学/大阪)
RECRUIT