• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 大阪
  • 大阪樟蔭女子大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 辻本 若菜さん(健康栄養学部/管理栄養士・保育士)

患者様とご家族が喜んでくださるとやりがいを感じます

先輩の仕事紹介

子どもとご家族が食を通じて幸せになってほしいと思い、小児在宅医療に飛び込みました

管理栄養士・保育士
健康栄養学部 健康栄養学科/2015年卒
辻本 若菜さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

訪問歯科診療に同行し、小児から高齢者までの栄養についてのアドバイスや食事のかたちの調整を行うのが私の仕事です。在宅医療では患者様の生活に深く関わります。そのため、この人なら話してもいいと思っていただける信頼関係を構築できるようなコミュニケーションを心がけています。子どもはもちろん、ご両親やきょうだいとも積極的に関わりをもってご家族一人ひとりの価値観や希望を把握するように努めています。大学病院やかかりつけ医などの各機関と連携しながら、成長に合わせた栄養についてのアドバイスをしています。本人の症状の改善やご家族の負担が軽減したと喜んでくださった時に最もやりがいを感じます。

学校で学んだこと・学生時代

管理栄養士の国家試験を見すえて、学生の時から研究会や学会にも積極的に参加し、知識が実践につながるように意識していました。専攻を変更した際には、不安な分野の授業は単位を取得していても再度受けさせていただきました。学校で学んだことや他学科の授業を受講したことは、日々の仕事の中で様々な立場の専門職とコミュニケーションをとる際に活きています。また、卒業生同士のつながりがとても強く、栄養士は特に一人職種なので就職後も相談しあったり、情報交換することができます。卒業後も図書館などの施設を利用できることもありがたいです。

信頼関係を築けるよう患者様と積極的に対話しています

分野選びの視点・アドバイス

初めて食事に触れる子どもたちの食べる機能の獲得を支援したいと思い、栄養分野へ進みました。入学後、企業や教育のインターンシップ、コンソーシアム制度、様々な実習を経て将来の方向性をじっくりと考えていきました。私はもともと子どもに関わりたいという思いがありましたが、改めてどのステージで関わりたいのか、企業のなかでの食育活動はどうかなど、各業界を比較することができました。今はまだはっきりとした方向性が決まっていないという方も、学生時代のどのような経験も糧になります。この学校はアットホームで他学部・他学科の先生や学生とも交流する機会があるので、様々な人と関わり、経験を糧に変えてほしいと思います。

学生時代に得た知識や経験は現在の糧になっています

辻本 若菜さん

医療法人メディエフ寺嶋歯科医院/健康栄養学部 健康栄養学科/2015年卒/保育園での勤務を経て、現在は管理栄養士として訪問歯科診療に同行し、栄養と食のアドバイスを行う辻本さん。同院には飲み込みを専門とするドクターだけでなく、小児、矯正、口腔外科、歯周病など高い専門性を持った医師が在籍しており、幅広いニーズに対応している。「2040年以降人口は減少するといわれており、今後ますます在宅医療は求められます」と話す辻本さん。今後の目標は、在宅訪問管理栄養士の取得と、小児在宅訪問管理栄養士が増えるよう啓発や教育を行っていくこと。そのためにも積極的に学会発表や論文発表をしていきたいという。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大阪樟蔭女子大学(私立大学/大阪)
RECRUIT