• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 京都
  • 大谷大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 高野 隼さん(文学部 哲学科/商品管理・生産管理)

私立大学/京都

オオタニダイガク

お客様に感謝される仕事はやりがいも充分!

先輩の仕事紹介

モノ作りに携わる仕事を長くやりがいを持って続けたいなら、メーカー勤務は理想的!

商品管理・生産管理
文学部哲学科/2014年3月卒
高野 隼さん

この仕事の魅力・やりがい

配電盤や制御盤などに使われる電材部品メーカーに勤務。商品管理スタッフとして、製品の検品や仕分け、取引先への発送業務などを行っています。京都支店では一番の若手。和気あいあいとした雰囲気の中で仕事ができるので、居心地はいいですね。文学部出身なので、理系分野である電機関係の知識などは難しく感じましたが、先輩にも教わりながら勉強を続け、日々正確な業務にこだわって頑張っています。街なかや工場に設置されている配電盤の窓枠など、自社の製品が実際に使われているのを目にすると、自分が関わった商品が世の中で役立っていることが実感できます。その時のうれしさがやりがいにもつながっています。

学校で学んだこと・学生時代

大学に入学して学び始めた哲学。授業では自分では想像もできなかった視点からの話も聞けて、たくさんのことを吸収できました。ゼミは先生や学生との討論が中心。自分の考えを説得力のある伝え方で説明したり、自分にはない見方や意見を参考にしながら考えを深める柔軟性など、社会人として必要な考え方のベースを身につけることができたと思います。部活動は空手道部に所属。こちらも大学に入学してから始めましたが、卒業時には二段まで昇段。厳しい稽古に苦しさを感じた時期もありましたが、振り返ればその時に経験した集団行動や礼儀作法などを通じて培った精神が、今の仕事にも充分活かされていると感じます。

図書館や体育館などの充実施設が大学の魅力

これからかなえたい夢・目標

仕事や会社を選ぶ際に重視したポイントは、ワークライフバランス。中学生の頃から趣味は映画観賞で、学生時代の年間鑑賞作品は1000本を超えました。今はDVDを中心に、年間300作品くらい見ています。平日はしっかり仕事に集中して、仕事後や休日は自分の時間を確保する。メリハリのある両立をこれからも続けたいです。また、仕事上の目標は、もっと勉強して経験を積み、工場勤務でモノ作りに直接携わること。製造や製品開発などさまざまな部門を回って活躍したいです。長く働き続けるためにも体力が必要!そこで、就職を機に離れていた空手再開を検討。道場に入門し、生涯スポーツとして継続したいと思っています。

高野 隼さん

篠原電機株式会社 京都支店勤務/文学部哲学科/2014年3月卒/大学時代の4年間は滋賀県の自宅から通学。勉強と部活動とアルバイトで多忙だったことと、卒業するために必要な勉強に集中したこともあって、就活のスタートはかなり遅れたという。「卒業が決まった2月くらいから就活を始めることになってしまったのですが、キャリアセンターの方々はその時期でも新卒採用を行っている企業を紹介してくれるなど、最後まで面倒を見てくれて安心しました。もっと早く自分のやりたい仕事や企業について研究すればよかったと反省しています」。就職後は初めての一人暮らし。毎日自炊するなど生活も充実している。得意料理はみそ汁。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
学校イメージ

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
大谷大学(私立大学/京都)