• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東海学園大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 諸留 久美子さん(人文学部/図書館司書)

私立大学/愛知

トウカイガクエンダイガク

新しく綺麗な図書館が私の職場

先輩の仕事紹介

母校の図書館が今では私の職場。学生や教職員の探究心に刺激される毎日です

図書館司書
人文学部 人文学科/2006年3月卒
諸留 久美子さん

この仕事の魅力・やりがい

母校でもある大学の図書館でカウンター業務や雑誌の受け入れと、図書館の利用方法をまとめたリーフレットや、図書館だよりなどの作成をしています。図書館司書の仕事は「利用者のために」という目的がありますから、利用方法をアナウンスするのも仕事のひとつ。データベースの使い方をまとめた「データベース虎の巻」は、わかりやすさだけでなく親しみやすさや楽しさも交えたものを、と心がけました。学生だけでなく、先生が「ゼミの学生のために」と何枚も持っていってくださったのは大変嬉しかったですね。今は先輩と図書館だよりを作成中。面白くて、かつ役立つ内容を目指しています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

大学受験時から図書館司書という仕事は意識してたのですが、なりたい!と思うようになったのは東海学園大学で資格取得のための勉強を始めてから。それまでは将来の可能性のひとつくらいに考えていたんです。一番楽しかったのはレファレンス(利用者からの質問に対して必要な資料を紹介すること)に関する演習。調べ物も好きでしたし、練習とはいえ質問に答える楽しさや、できた時の達成感は、「やっぱり私は司書の仕事に向いているのかも!」と思わせるのに充分でした。そんな折、大学からタイミング良く求人募集のお話を頂き、幸運にも司書になることができました。

カウンター業務は当番制。笑顔で対応を心がけます

これからかなえたい夢・目標

未だに難しいと感じるのはやはりレファレンス。演習で楽しいと感じた業務も、実際の質問となると緊張します。カウンターでの対応が図書館の印象を左右するので、どんな質問にも適切に対応できる司書をめざしています。必要だなと思うのは、本とは関係のない事や興味のない事でも目を向けられる高いアンテナ。先輩方に聞いてみると演劇、映画、服飾、美術、スポーツなど多種多様な趣味を持った方が多いんです。私も今まで苦手と敬遠していたスポーツを始めてみました。本を取り扱う司書の仕事は体力勝負の所もあるのでこれを機に好奇心も体力も養えたら、と思っています。

これまでに作った利用案内やデータベース虎の巻

諸留 久美子さん

東海学園大学図書館司書/人文学部 人文学科/2006年3月卒/小学生の頃は毎週土曜になると自転車で30分の場所にあった図書館に通い、歴史コーナーに入り浸っていたという諸留さん。実は出身高校も大学と同じ敷地内にある併設校で、10年近く職場であるキャンパスに通っている。高校卒業後は図書館司書資格や学芸員の資格が取得できる東海学園大学人文学部人文学科に進み、文学や日本文化の勉強に没頭。「大変だけど作るのが好きです」と語るリーフレットや図書館だよりを通して、大好きな本の魅力を少しでも多くの人に知ってもらおうと日々奮闘している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東海学園大学(私立大学/愛知)