• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 東京家政大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • A.M.さん(家政学部 環境教育学科/花き卸売り販売)

先輩の仕事紹介

季節の植物に囲まれて過ごす毎日。花きの流通を担う市場業務にやりがいを感じています!

花き卸売り販売
家政学部 環境教育学科/2014年卒
A.M.さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

東京都中央卸売市場のひとつで、青果と花きを扱う世田谷市場内にある、花きの卸売販売会社に勤務しています。生産者からお預かりした植物を競りにかけて買参人に販売。その商品を市場内で一時保管し、仕入れに来場する街のお花屋さんにお渡しするのが仕事。生産者とお花屋さんの橋渡し役を担っています。この仕事を選んだのは、東京家政大学で環境問題を学ぶ中で植物に興味をもち、「東京家政大学における自然植生」をテーマにした卒業研究を通して、植物に関わる仕事がしたいという思いが募ったからです。大好きな季節の植物に囲まれて過ごす毎日。花きの流通を担う市場業務の重要な一角を担っているという自負もあり、やりがいを感じています。

業界ココだけ話!

入社1年目は、生産者さんから集荷した植物を積んだトラックから商品を受け取り検品する荷受け作業を担当。体力勝負の日々でしたが、市場での仕事の流れやたくさんの植物の名前を覚えることができました。2年目からは荷受けした商品のデータ入力を担当し、最初はスピードと正確さが求められ緊張の連続でしたが、私が提案した新たな伝票コードが採用されるという嬉しい出来事も!各トレーの植物が何色詰めのものなのか、商品の違いがデータ上で即座に分かるようになりました。今では買参人さんからの信頼も高まり、場内で気軽に声を掛けていただいています。この仕事は波があり、母の日や年末などの繁忙期は、市場内を駆け回る忙しさなんですよ!

学校で学んだこと・学生時代

私は「入学後の夢が広がりそう」と考えて、家政学部 環境教育学科を選択しました。そして思った通り、自分の知りたいことを見つけて、究めていくことができました。東京家政大学には、各分野のエキスパートである先生がそろっていて、アドバイスをいただきながら学びを深めることができたのも大きな収穫です。特に卒業研究に費やした10カ月間はとても充実した時間で、自信もつきました。高校生のみなさん、今は明確な目標がなくても大丈夫。漠然とした夢を追いかけて進路を決めても、東京家政大学で学ぶ中でやりたいことが見つかるはずです。

A.M.さん

株式会社東京砧花き園芸市場 勤務/家政学部 環境教育学科/2014年卒/取得資格:東京都一種公害防止管理者、学芸員、ファイナンシャル・プランナー【AFP・CFP(R)】3級(卒業後)

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東京家政大学(私立大学/東京・埼玉)
RECRUIT