• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東邦大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 島村 竜也さん(薬学部 薬学科/病院薬剤師)

私立大学/東京・千葉

トウホウダイガク

調剤は薬剤師の基本業務ですがこれだけではありません

先輩の仕事紹介

病院薬剤師として医療現場に貢献し、幅広い業務から学びと刺激を受ける日々です

病院薬剤師
薬学部 薬学科/2012年卒
島村 竜也さん

この仕事の魅力・やりがい

病院薬剤師として、主に入院患者と外来患者への調剤と服薬指導を行っています。入院患者に対しては、医師や看護師と連携してチーム医療に貢献しています。日ごとに変わる患者さんの状態を評価し、一人ひとりの患者さんに合わせた薬を調剤したり薬物療法をサポートしたりしています。治療によって元気に退院されていく患者さんの姿を見られることは、この仕事の一番の魅力です。他にも、内服薬や外用薬だけでなく注射薬や輸液を取り扱ったり、院内の感染予防への取り組み、後輩薬剤師の指導等、病院薬剤師には様々な業務があります。幅広い業務を経験したかった私にとって、病院薬剤師は、日々学びと刺激の多いやりがいのある仕事です。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校3年生になる春頃に、突然腎臓疾患にかかってしまい、治療のため通院することになりました。医師の指導に従い無理をせず生活するようにし、処方された薬を飲むと、徐々に体調が改善。おかげで病気は完治し、医療の偉大さや薬のすごさを身をもって知りました。もともと理系科目が得意でしたが、大学では何を専門分野とするかは考え中でしたので、病気の治療は結果的に、進路を決めるいいきっかけになりました。入院ではなく通院だったこともあり、医師や看護師より薬剤師に興味を持ち、薬の効き方や薬剤師の仕事について学びたいと考えるようになりました。自宅から通いやすく実習が充実した東邦大学薬学部に、進学することを決めました。

高校生の時、医療と薬のすごさを身をもって知りました

学校で学んだこと・学生時代

薬学部では講義で知識を深め、実習を通して実技面を多く学びました。付属の大森病院で行った実習では、大学病院の医療現場を経験。その経験は、私には大学病院よりも中小規模の病院のほうが合っているのでは、と考えるきっかけになりましたね。4年次からは専門性を高めるために研究室にも所属。副作用の少ない抗がん剤治療について、先生方や先輩、同級生たちと一丸となって研究に取り組みました。その研究により、抗がん剤治療を行っている病院への就職を考えるようになり、その時の同級生は今でも時々集まって近況を報告し合う大事な仲間です。研究室での学びが将来の方向性を決めたり、大事な仲間を得るきっかけにもなりました。

研究室は、学びだけでなく人間形成にも役立ちました

島村 竜也さん

上尾中央医科グループ 医療法人社団愛友会 千葉愛友会記念病院/薬学部 薬学科/2012年卒/同年に薬剤師国家試験に合格し、病院薬剤師に。学生の頃は抗がん剤の研究室に所属し、また薬剤師として様々な業務を経験したいと考えたため、抗がん剤治療を行っている中小規模の病院を希望し、今のグループ病院への就職を決めた。入院患者や外来患者への調剤、薬品の管理だけでなく、近年は後進の指導も任されている。大学から来る実習生の指導も行い、自身もそのことから学ぶことが多いという。プライベートでは一児の父親で、今の楽しみは子育て。子どもが大きくなったら一緒にテニスをするのが夢。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東邦大学(私立大学/東京・千葉)