• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 日本社会事業大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 岩澤 実花さん(社会福祉学部 福祉計画学科地域福祉コース/ケースワーカー)

私立大学/東京

ニホンシャカイジギョウダイガク

「その人らしく生活するにはどうしたらいいか?」を常に考えています

先輩の仕事紹介

様々な問題を抱えた高齢者と向き合い、その人らしく生活できるように支援しています

ケースワーカー
社会福祉学部 福祉計画学科 地域福祉コース/2013年卒
岩澤 実花さん

この仕事の魅力・やりがい

高齢者支援係のケースワーカーとして、自分の担当する地域の高齢者の相談に乗るのが私の仕事です。また、地域住民の保健・福祉・医療の向上を総合的に担う地域包括センターの仕事にも関わっていて、虐待の早期発見・防止などにも取り組んでいます。その他、品川区内では在宅介護支援センターを20ヵ所設置しており、そこからの相談のとりまとめも業務の一部。仕事をするときは直接、高齢者の方のお宅を訪問しています。深刻な問題を抱えて苦しい状況にある人を、その人らしく生活できるように支援できることが、この仕事のやりがいです。これからも相談や生活支援を通して、高齢者が安心して暮らせる環境を整えていきたいですね。

業界ココだけ話!

最近のケースでは、安否の確認がとれない一人暮らしの高齢者の方の相談を受けました。訪問してみると、食事も水分もとれていないという状況。それまでは、他人の手助けを求めないタイプの方だったのですが、直接お話を聞いてみると「実は助けてほしい。今このままじゃ自分もどうしようもないから」と話されたんですね。その後は、一緒に通院したり、きちんと栄養が取れるように何かを買って行ったりなどの支援を行い、最終的には介護専門職によるサービスにつなげることができました。現在その方を担当するケアマネージャーさんから、以前の自分を取り戻して元気に生活されているということを聞いて、本当に支援できてよかったと感じています。

個別訪問では、相談者の置かれた状況をしっかり把握

これからかなえたい夢・目標

高齢者本人より、ご家族への対応が難しいケースもあります。家族だからこそ、自分の親が認知症になったという事実を受け入れ難いのでしょう。どうしても介護が必要になり、一生懸命がんばってはいるのだけれど、お互い傷つけ合ってしまうというケースも多いのです。そのような方に対して、どのようにアプローチしたり、どう関係を築いていくかというところでいつも悩みます。高齢者分野では様々な問題を抱えた方がいるため、今後はチームで問題を解決していくことが重要になっていくと思います。私たちケースワーカーが中心となって動くことが多いので、関係機関との連携をスムーズに図れるような仕組みを作っていきたいと考えています。

関係機関と連携する仕組みを作ることが、今後の目標

岩澤 実花さん

品川区 高齢者福祉課 勤務/社会福祉学部 福祉計画学科 地域福祉コース/2013年卒/取得した資格:社会福祉士

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

日本社会事業大学(私立大学/東京)