• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 埼玉
  • 文教大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 水島 枝里香さん(国際学部 国際観光学科/空港業務スタッフ(グランドスタッフ))

私立大学/埼玉・神奈川

ブンキョウダイガク

現在は成田空港でエアラインの仕事をしています。

先輩の仕事紹介

自分が与えられた安心を、今度はお客さまに届けたい。

空港業務スタッフ(グランドスタッフ)
国際学部 国際観光学科/2010年3月卒
水島 枝里香さん

この仕事の魅力・やりがい

いま、わたしは成田空港でチェックインの受付や搭乗口・到着エリアでの対応などを行っています。以前、体調の優れないお客さまが成田に到着されたとき、車いすを押してバス停までご一緒させていただいたことがありました。会話をするなかで不安をとりのぞくことができたのか、「お礼に」とご自身が描いたデッサンをいただいたんです。当時の絵は今も大切にとってあるのですが、お客さまに安心感を与えられたことは新人だったわたしの大きな励みになりました。見えない心の部分を察して、期待を超えるサービスを行っていく。それがわたしたちプロの務めですし、お客さまに感動していただいたときはいつも喜びで胸がいっぱいになります。

学校で学んだこと・学生時代

エアラインの仕事に興味があったので、大学時代はサービスやホスピタリティについて学ぶゼミに入りました。教授はよく「本物を見なさい」と仰ってくれていて、フィールドワークの機会も豊富に用意してくれました。一流ホテルやリゾート施設、JALの整備工場なども見学。施設の館長さんなどから、おもてなしに対する意識やサービスの工夫についても直接伺うことができました。そのときに受けた影響は今でもわたしのなかに息づいていますし、サービスのプロにとって重要なことが学べたのではないかと思っています。また、3年生のときにJALのインターンシップにも参加。在学中からプロの現場を見て、学べる環境は文教の大きな魅力だと思います。

これからかなえたい夢・目標

わたしが現在の仕事に興味を持ったのは中学生のころ。当時習っていたバレエの関係で、1ヵ月の留学をすることになったんです。空の旅は初めてで、すこしだけ心細さを感じていました。そんな気持ちを察してくれたのか、キャビンアテンダントの方が一緒に写真を撮ってくれたり、笑わせたりしてくれたんです。いつのまにか寂しさは姿を消し、エアラインへの憧れがわたしのなかに芽生えていました。あれから数年。わたしは夢を叶えて、サービスのプロとしての生活をスタートさせることができました。当時、わたしが与えられた安心感を、今度はお客さまに届けていきたい。そして、より多くのお客さまに素敵な時間を過ごしてもらえたらと思っています。

水島 枝里香さん

株式会社ANAエアサービス東京勤務/国際学部 国際観光学科/2010年3月卒/文教大学入学当初からエアライン関係の仕事を目指していたため、1年次より英語の授業を熱心に受けていた水島さん。3年次の就職活動直前に、航空会社の選考基準であるTOEIC600点以上を達成。無事にANAエアサービス東京から内定を獲得した。2010年7月に就職。30人の同期と共に訓練に励んだ。現在は旅客部で国際線のハンドリング業務を担当。お客さまの9割が外国人のため、英語だけでなく各国の文化に対する知識も求められると言う。「大学で学んだサービス・ホスピタリティの知識を活かして、ゆくゆくはラウンジ課で活躍したい」と語る水島さん。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
文教大学(私立大学/埼玉・神奈川)