• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 北海道医療大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 碁石 有紀さん(看護福祉学部 臨床福祉学科/地方公務員(判定員))

私立大学/北海道

ホッカイドウイリョウダイガク

子どもへのゲーム式の検査は、当てることより判断するまでの時間が大切。

先輩の仕事紹介

まわりと協力し、子どもを取り巻く環境をより良くしていくのが、私の使命です。

地方公務員(判定員)
看護福祉学部臨床福祉学科/2017年卒
碁石 有紀さん

この仕事の魅力・やりがい

地方公務員(判定員)のお仕事は、児童の心理状況を把握するために面談や知能検査・人格検査による心理診断を行ったり、その診断に応じて心理療法を実施します。見ただけでは分からない子どもの気持ちを面談で引き出したり、人格検査を通して知ること。そこでわかったことを基に児童福祉司と協力して、子どもを取り巻く環境や社会資源に働きかけていくところに、この仕事のやりがいを感じますね。子どもの特徴を捉え、それをうまく保護者や支援者に伝えることができた時や、それによって新たな社会資源につなげたり、家庭での関わり方を一緒に考えたりして、環境をより良くしていけた時に「この仕事に就いて良かった」と思います。

学校で学んだこと・学生時代

印象深かった授業は、1・2・3年生で行った実習です。さまざまな福祉関係の施設で実習させてもらい、広い領域の知識を得ることができたと同時に、就職先を決めるきっかけにもなりました。ソーシャルワーク演習で学んだ相談援助の方法の基礎は、今の仕事に生きていると感じます。常にさまざまな人と関わる仕事なので、初対面の人と関わる上で配慮する点や話の進め方などの基礎的なことを実践して身につけることができましたし、OSCE(オスキー・客観的臨床能力試験)形式の演習でさらに学びが深まりました。

業界ココだけ話!

「福祉」といえば「介護」のイメージが先行しやすいのですが、実はソーシャルワーカー、高齢者、児童、精神、障がい者、教職など幅広い分野でいろいろな職種が存在しています。児童分野に関わらず、これからは多くの場面で「福祉」が必要になると思います。人のために何かしたいと思える人、さまざまな視点で物事を考えることができる人、人と話すことが好きな人、聞き上手な人は福祉の仕事に向いているのではないかと思います。

各種検査、まわりへの働きかけ、事務作業と、仕事は多岐に渡ります。

碁石 有紀さん

北海道上川総合振興局保健環境部 児童相談室(北海道旭川児童相談所)子ども支援課勤務/看護福祉学部臨床福祉学科/2017年卒/休日は、他の福祉の分野に就職した医療大時代の同期に会い、情報交換をすることも。最近の仕事の息抜きは、好きなアーティストのライブに行くこと。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
北海道医療大学(私立大学/北海道)