• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 北星学園大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 堀江 美紗さん(社会福祉学部 福祉臨床学科/医療ソーシャルワーカー)

私立大学/北海道

ホクセイガクエンダイガク

先輩の仕事紹介

福祉の学びを携えクライエントとの信頼関係を深めていきたい

医療ソーシャルワーカー
社会福祉学部 福祉臨床学科 卒/2011年卒
堀江 美紗さん

この仕事の魅力・やりがい

地元の苫小牧で医療ソーシャルワーカーとして働いています。クライエント(患者・家族)の相談に乗り、それぞれが抱える問題の解決を図るのが主な業務です。患者本人の意思を尊重しつつ、家族の意向や医療側の考え、地域の資源など様々な情報を収集し、最善の支援策を提案。面談では短期間でもプライバシーに踏み込んだことを聞かなくてはならないため、状況をみながら話を進められるように配慮しています。職場が急性期の医療機関のため、人生の転換期や終末期に立ち会うこともしばしば。責任の重さを感じることもありますが、院内外の他専門職の方々と連携し、一人ひとりの生活に向き合い、医療と福祉を繋げることにやりがいを感じます。

学校で学んだこと・学生時代

働き始めてから重要性を実感しているのが、学科で学んだ社会福祉士の倫理綱領です。仕事でどう進めればいいのか迷った時には、倫理綱領に立ち戻って確認するようにしています。また、職場でのスーパービジョンでは、大学ではどう学んだかを問われることも。そうした場合は、教科書や資料を読み返し、振り返りを行っています。学科で学んだことを大切にしながら、これからも目の前のクライエントに向き合っていきたいです。

支援策の提案には様々な知識が必要なため日々勉強を欠かさない

分野選びの視点・アドバイス

自分が本当にやりたい仕事がわかれば、向き不向きは関係なく、頑張りたいという気持ちに繋がっていくと思います。「困っている人の力になりたい」という思いがあったら、ぜひ福祉臨床学科で学ぶことを視野に入れてみてください。同じ思いを抱く友人たちと一緒に学ぶ4年間は、本当にやりたい仕事が見つかるはずですし、一生の宝になるかけがえのない時間になると思います。

クライエントの心に寄り添い、人間としての尊厳を守る医療を提供

堀江 美紗さん

医療法人社団 養生館 苫小牧日翔病院勤務/社会福祉学部 福祉臨床学科 卒/2011年卒/医療ソーシャルワーカーとなって8年目、生まれ育った苫小牧で活躍中の堀江さん。クライエントと密な信頼関係を構築するには、経験の積み重ねだけではなく勉強の必要性を日々実感しているとのこと。大学の教科書や資料を読み返して振り返りを行うなど、社会人になってからも熱心に自己研鑽に励んでおり、「最善の支援を考え、ある程度の選択肢は提案しますが、最終的な自己決定はクライエント自身だと考えています」と、クライエントの意思を最大限に尊重する親切で丁寧、かつ的確な対応を心がけている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
先輩の仕事について学ぶ
北星学園大学(私立大学/北海道)