• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 愛国学園短期大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 卯田 貴咲さん(家政科 食物栄養専攻/栄養士)

私立短期大学/東京

アイコクガクエンタンキダイガク

短大で学んだ大量調理実習は、仕事に役立っています

先輩の仕事紹介

海外からのお客様へ提供する食事を通して、宗教食の知識も身につきました!

栄養士
家政科 食物栄養専攻/2017年卒
卯田 貴咲さん

この仕事の魅力・やりがい

世界各国から様々な方を呼んで、日本の技術を指導する研修センターのレストランで栄養士として働いています。宿泊施設を併設しているのでレストランを利用されるのはほとんどが海外からのお客様です。食数は、就職して2年目の私が管理。宿泊者リストを見ながらどこの国から何名の方が宿泊されているかをチェックし、食材の数量を決めていきます。信仰する宗教によって禁止されている食材もあるため、専門知識を身につけミスのないよう細心の注意をはらっています。また、このレストランとは別に社員食堂のメニュー作りも任されており、私の考えたメニューが完売したり、美味しかったと声をかけていただくと嬉しく、とてもやりがいを感じます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

私が栄養士を目指したのは、父の病気がきっかけです。何かできることはないかと考えたときに食事療法に興味をもち、食について勉強したいと思いました。短大では食に関する幅広い専門知識を身につけることができましたが、社会人になりこの職場で驚いたのが、それまでまったく知らなかった宗教食のことでした。例えば、豚肉を食べることが禁止されているお客様のために豚肉に触れたまな板やトングなどの調理器具を使い分けるなど、調理場では細かく決められています。醤油や味噌、出汁などに使用されている原材料などにも気配りがされています。この職場では講習会が開かれるなど、勉強する機会が設けられていたので新たに学ぶことができました。

先輩として職場の後輩に指導することも多々あります

これからかなえたい夢・目標

仕事はずっと続けていきたいと考えているので、栄養士よりもさらに仕事の幅が広がる管理栄養士の資格取得を目指しています。3年間、この会社で実務経験を積めば、翌年には管理栄養士の国家試験を受験することができます。仕事をしながらの勉強は大変ですが、毎日、家に帰ってから購入した参考書の過去問題を何度も繰り返し解いています。一人ではくじけそうなこともありますが、同じ目標をもっている短大時代の友だちと一緒に勉強することで、刺激になり、励みになっています。栄養士といっても様々な分野があります。自分は栄養士として何をしたいのかを考え、やりたい分野を見つけて、愛国学園短期大学で自分の目標を叶えてください。

社員食堂の季節のイベント用のメニュー作りは楽しいです

卯田 貴咲さん

東京ビジネスサービス株式会社/家政科 食物栄養専攻/2017年卒/ご家族の病気をきっかけに食事療法に興味をもった卯田さん。「栄養士を目指して愛国学園短大で2年間学び、今、やりがいのある職場で栄養士として充実した日々を送っています。学生時代に好きだった授業は、食品に含まれるたんぱく質などの成分を分析する食品学実験。結構真剣に取り組んだことを懐かしく思い出します」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

愛国学園短期大学(私立短期大学/東京)