• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 東京
  • 星美学園短期大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 福田 理沙さん(幼児保育学科/幼稚園教諭)

子どもと同じ目線になれば、多くのことに気づきます!

先輩の仕事紹介

一人ひとりの子どもの気持ちを汲み取ることのできる、幼稚園教諭になることが目標です

幼稚園教諭
幼児保育学科/2021年卒
福田 理沙さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

高校・短大と大好きな星美学園のキャンパスで学び、幼稚園教諭になるという目標を叶えて、現在、星美学園幼稚園で3歳児22名のクラスを担当しています。3歳児にとって幼稚園での生活は初めての経験。そして、短大卒業間もない私にとっても戸惑うことの多い日々です。ペアを組んでいる経験豊富な先生から助言をいただきながら、子どもと一緒に少しずつ成長して今日まできたと思います。入園時に一人で靴下を履けなかった子どもが、半年経つと履けるようになります。忍耐強く子どもと向き合うことが必要ですが、その成長ぶりを間近で見られるのが幼稚園教諭のやりがいです。「先生できたよ!」という嬉しそうな声は、私を勇気づけてくれます。

学校で学んだこと・学生時代

星美学園短期大学への入学を決めたのは、中学3年生の高校選びのときでした。「テアトロ・SEIBI」という、脚本から舞台美術・衣装製作まですべてを学生の手で創りあげて上演する子ども劇に魅力を感じたことと、興味をもっていた特別支援教育について専門的に学べることを知り、ここしかないと確信しました。勤務先の星美学園幼稚園は短大と同じキャンパス内にあり、在学中に事前実習を体験した場所でもあります。すぐ近くに、子どもたちの声や姿を感じながら学べる環境が大好きでした。また、星美学園短大の先生方はいつも一人ひとりを気にかけてくれ、学生は傍で見守ってくれているという安心感のある環境でじっくり学ぶことができました。

ピアノに合わせて歌う子どもたちの姿に幸せを感じます

これからかなえたい夢・目標

私が通っていた幼稚園の先生、幼少期から習っていたモダンバレエの先生との出会いは、私の人生に大きな影響を及ぼしました。幼稚園での生活も、バレエのレッスンも、「楽しい」と感じられることがどれほど素晴らしいかを教えてくれたのです。これは、今後、私自身も子どもたちに伝えていきたいと考えています。また、個性を大切にすることもいつも頭に置いています。子どもたち一人ひとりの声に耳を傾け、何を私に伝えたいのかを汲み取ることで、それぞれの個性を伸ばしてあげられる先生になりたいです。この幼稚園を卒園した子どもたちが、将来、自分の人生にとってよりよい選択ができるように人として大切なことをしっかり伝えていきたいです。

子どもの考え方や発想を大切にした指導を心がけています

福田 理沙さん

星美学園幼稚園/幼児保育学科/2021年卒/幼稚園教諭は日常の中で起きる様々なことに敏感になれば、喜びも増えていく職業だという福田先生。「制服から体操着に着替える方法を教えますが、一度では覚えてくれません。毎日繰り返し伝えることで習慣となり、子どもは理解していきます。この仕事には忍耐力が必要。そしてできないことができるようになると、子どもと一緒に喜びを味わえる素晴らしい職業でもあります」。先生自身も、子どもの前に立つとあれも伝えなければ、これも伝えなければと一生懸命なあまり視野が狭くなり、最初は子どもたちを見渡すことができなかったという。「私も今では、子ども全員を見ることができるまでに成長しました」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

星美学園短期大学(私立短期大学/東京)
RECRUIT