• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 埼玉
  • 川口短期大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • H.Tさん(こども学科/保育士)

私立短期大学/埼玉

カワグチタンキダイガク

子ども達の様子を見ているだけで幸せな気分になります

先輩の仕事紹介

子どもの成長を見るたびに涙が出るほどの感動に満たされます

保育士
こども学科/2016年3月卒
H.Tさん

この仕事の魅力・やりがい

現在、東京都立保育所に勤務。保育士として0歳児クラスを担任しています。業務は、クラス運営の他に、園の行事を企画したり、当番で幼児組の保育を任されることもあります。この仕事の一番のやりがいは、子どもたちの成長を見られること。「立てるようになる、歩けるようになる、話せるようになる」といった眼に見える発達の様子はもちろん、食事前に「いただきます」のあいさつができるようになる、毎日毎日練習を重ね体操が踊れるようになる、自分のお布団を見つけ寝っ転がる、など日々の積み重ねによって得られる子ども達の成長ぶりにふと気づいた瞬間、涙が出るほどの感動と嬉しさを感じるのです。

学校で学んだこと・学生時代

川口短期大学の授業では、保育環境(言葉)、幼児理解の事例検討など、現場に近い環境を感じられる点がとても興味深かったですね。また、公立保育士を目指す上で論作文の練習として文章を何度も書いた経験は、現在、クラス便りや子どもの成長・発達を記録する児童表の記入にとても役立っています。さらに乳児保育で学んだことは、現在の0歳児の担任としての業務に大変活かされているように感じます。おむつを替える、着替えの方法、声のかけ方など、就職した頃は何もわからずよく教科書を読み返していました。おんぶひもの使い方や沐浴の方法も、大学で人形を使った練習の授業が役立ち、スムーズにおこなうことができたように思います。

目指すは、広い視野を持つ保育士です

これからかなえたい夢・目標

就職活動の時、川口短期大学の先生が受験先に悩む私の話を親身に聞いてくださり、背中を押してくださったことがとても嬉しかったのを覚えています。私も相手の話をしっかり聞ける保育士になりたいなと感じ、今もその想いを大切にしています。今、クラスではちょっと眼を離したすきに、おもちゃの取り合いやお友達が気になるからこそのトラブルが起きます。それらを未然に防ぐ、上手にフォローすることももちろんですが、何よりもいち早くトラブルのきっかけに気づけるかが大切と思っています。目の前に見える子どもだけではなく、近くの子は何をしているのか、危険はないか?しっかりと眼を配れる視野の広い保育士になる。それが現在の目標です。

H.Tさん

東京都立保育所勤務/こども学科/2016年3月卒/短大1年生2月の保育園実習で、公立保育園で実習を体験した際、保育士の就労環境の良さや、子どもたちはもちろん保育士自身の健やかな様子に好印象を受け、公立保育士を目指すことを決意。 現在働いている区は、子育てのしやすい街を目標に様々な活動をしており、実際に平成20年に子育てしやすい街として評価されている。その目標を担いながら、現在は0歳児を担任、4人の保育士で12名の子どもをみる毎日は、感動と喜びの連続と話す。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

川口短期大学(私立短期大学/埼玉)