• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • ビジュアルアーツ専門学校・大阪
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 新谷 望美さん(放送・映画学科/映像カメラマン)

大阪府認可/専修学校/大阪

ビジュアルアーツセンモンガッコウオオサカ

かつて憧れていた世界が今の私の仕事場です!

先輩の仕事紹介

テレビの世界は華やかなだけではなく奥が深い!だから自分を成長させることができます

映像カメラマン
放送・映画学科/2017年3月卒
新谷 望美さん

この仕事の魅力・やりがい

私は現在、テレビ朝日の料理番組『おかずのクッキング』や報道・情報、ドラマ、バラエティなどの番組制作にカメラマンとして携わっています。ドラマではワンカットごとにカメラの位置が決められていますが、展開の早いバラエティ番組などでは、誰をどのタイミングで撮るかをカメラマンが瞬時に判断しなければなりません。また、音楽番組ならアーティストの個性や曲調に合わせたカメラワークが求められ、入社3年目の私にとっては毎日が勉強です。その一方で憧れの業界に入り、日本中の皆さんが楽しみしている番組をつくる充実感も味わっており、「毎日が挑戦」という気持ちを持ちながら自分を成長させられる仕事に誇りを感じています。

学校で学んだこと・学生時代

ビジュアルアーツ専門学校・大阪には「もっと知りたい」という学生の意欲を受け止めてくれる先生方がいます。自分から行動を起こせば背中を押してくれ、困った時には助けてくれる頼りになる存在です。私は授業で学んだ知識を実践で確実な力にしたいと考え、学校が紹介してくれる「業界アルバイト」に精を出し、その経験から多くのことを吸収することができました。また、その積極性を先生に認められ、大物アーティストが参加する音楽フェスでは3台のカメラのうちの1台を任せてもらいました。その時の嬉しさは今も忘れられませんし、支えてくれる先生がいる安心感があったから、私も恐れずにいろいろなことに挑戦できたのだと思っています。

人気の料理番組『おかずのクッキング』の撮影も担当

これからかなえたい夢・目標

収録現場のどんな状況にも対処できる技術や感性を磨いていき、将来は海外で行われるスポーツの国際大会に派遣されるようになることが目標です。スポーツは展開の予測が難しく特有のカメラワークが必要となりますが、勝敗を分ける決定的なシーンやプレーを捉えることができれば、その映像は何十年経っても繰り返して放送され、多くの方に感動を伝えることができるやりがいのあるジャンルだと思っています。そのためには“海外に派遣しても大丈夫”という社内の信頼を得なければなりません。日々の仕事を丁寧にこなしていく中で実力を蓄え、やがてはアスリートの緊迫した表情やスポーツの臨場感を伝えられるカメラマンになりたいと思っています。

高価な撮影機材の扱いには細心の注意が必要です

新谷 望美さん

株式会社テイクシステムズ技術本部勤務/放送・映画学科/2017年3月卒/福井商業高等学校卒業/「娯楽の少ない田舎で育ったせいか、きらびやかなテレビの世界に憧れていました(笑)」という新谷さん。その一方で自分にとっては遠い世界という思い込みもあり、現実的な進路として美容師、教師、歯科助手などを思い描いていたそうだ。その後、放送業界を目指すための学校があることを知り、一気に心が傾き同校に入学。現在は、テレビ朝日グループの総合技術会社(株)テイクシステムズのカメラマンとして、料理、報道・情報、スポーツ中継、ドラマ、バラエティなど、さまざまな分野の番組制作に携わっている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
ビジュアルアーツ専門学校・大阪(専修学校/大阪)