• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 岡山
  • 専門学校 岡山情報ビジネス学院
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 押尾 京子さん(CGデザイン学科/企画デザイナー)

岡山県認可/専修学校/岡山

センモンガッコウ オカヤマジョウホウビジネスガクイン

クライアントの思いを表現することがデザインの楽しさです

先輩の仕事紹介

デザイナーとして必要なことは、求められていることを正確にくみ取る力だと思います

企画デザイナー
CGデザイン学科 卒/2017年卒
押尾 京子さん

この仕事の魅力・やりがい

のぼりやポスターをはじめ、商品やイベントのPOPなど販促物を制作する企画デザイナーとして勤務しています。デザイナーの仕事は商品の魅力や、お客様の思いをデザインとして形にすること。自分がやりたいデザインではなく、お客様が何を求めているか正確にくみ取り表現する力が必要だと感じています。アイデアが尽きて悩むこともありますが、慌てずに、気持ちを落ち着かせ、考えを整理してから取り組むようにしています。真剣に考え表現したものだからこそ、お客様に喜んでいただけたときは本当にうれしいです。表現することは簡単ではありませんが、アドバイスをもらったり、ひらめいたりしながらデザインすることにいつもわくわくしています。

学校で学んだこと・学生時代

就職してから感じるのは、OICで学んだことと実際の仕事とのギャップがほとんどないことです。例えばOICでは、商品パッケージをデザインする授業で商品のコンセプトから仮定して制作を進めていきます。これは実際の仕事の流れと同じなので今の業務に役立ちました。プレゼンテーションの授業では、自分の考えを相手に伝える力も身につけることができました。学校行事ではスポーツ大会でのダンス競技や卒業研究グループのリーダーを務めました。いろいろな人の考えをまとめ、ひとつのイベントを作り上げる経験を通して責任感も養えました。「どんなこともやってみる」ことで、今まで分からなかった自分の新しい強みを見つけられると思います。

制作したデザインについて、営業担当に自分の意見を伝えることも大切です

これからかなえたい夢・目標

私たちの身の回りには、ポスターをはじめ、パンフレットや広告、看板などデザインが溢れています。デザインとは、生活に寄り添っていて見る人や使う人が特に意識しなくても、自然と受け入れられるものだと思います。究極のデザインを提供できるよう、これからも「どんなこともやってみる」姿勢を忘れず、たくさんの経験を積んでいきたいです。今は、デザイン力を高めるために、散歩で立ち寄ったお店で使われているデザインや商品、POPなどをできるだけ多く見て勉強するようにしています。また、遠出や旅行も好きなので、日常と離れた体験を通して感性を磨くなど、自分がいいなと感じたことを信じて取り組むことを大切にしています。

将来はパンフレット一冊を自分の力で完成させてみたいです

押尾 京子さん

株式会社アルファ勤務/CGデザイン学科 卒/2017年卒/「高校生の頃はやりたいことが決まっていなかったので、とりあえず就職をしよう」と思っていた押尾さん。デザインの道に進むきっかけとなったのは、「本当にやりたいことをやりなさい」というお母さんの言葉だったそうです。「その言葉を聞いて、一番好きなのはやっぱりイラストやデザイン!という自分の気持ちに気がつきました」。OICのオープンキャンパスに参加し、先生と生徒の距離の近さ、学校全体の雰囲気の良さに、「ココだ!」と感じ入学。何にでも積極的にチャレンジし、一つひとつのことをやり遂げる責任感を生かし、押尾さんが考える究極のデザインをめざして業務に当たっています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

専門学校 岡山情報ビジネス学院(専修学校/岡山)