• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • 国際観光専門学校 名古屋校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 松尾 雄亮さん(トラベル・エアライン学科/旅行斡旋業務)

愛知県認可/専修学校/愛知

コクサイカンコウセンモンガッコウナゴヤコウ

松尾さんは、添乗員をめざし国際観光専門学校へ入学

先輩の仕事紹介

学生時代に

旅行斡旋業務
トラベル・ツアーコンダクターコース(現トラベル・エアライン学科)/2006年卒
松尾 雄亮さん

この仕事の魅力・やりがい

空港というのは、何かとトラブルの起こるところです。予定時間に遅れたり、持ち物を無くしてしまったり、パスポートを忘れてきたり。そんな時、せっかくの旅行を楽しく継続していただけるよう、全力でサポートするのが空港で勤める私たちです。航空会社と難しい交渉を迫られ大変なこともありますが、トラブルが解消してお客様から「ありがとう」と感謝を伝えられと、疲れも吹き飛んでしまいます。私自身、旅行が大好きでこの業界をめざしました。だから、お客様が旅行を楽しんでくれる姿を見るのも嬉しいんです。お客様からオススメの観光地を尋ねられた時には、嬉しくてついつい「もっと頼ってください」オーラが出てるかもしれません(笑)。

この分野・仕事を選んだきっかけ

家族旅行なんかを通して、子どもの頃から色々な場所に行くのが好きでした。学生時代にも地理や観光が好きで、一人で旅行を楽しむことも多かったんです。だからずっと旅行業に携わりたいという気持ちがありました。特に添乗員になるのが夢で、お客様を色々な所へご案内したいと思っていました。でも大学進学の際にあまり深く考えないまま経営学科に進んでしまったように思います。就職を考える時期になって、このままで旅行業界に入れるのか不安になってしまったんです。どうしたら旅行業の世界に入れるかを考えた結果、就職実績の良い国際観光専門学校で専門知識を学んでから挑戦するのが成功への近道だと考え、入学を決めました。

卒業後は夢を叶え、添乗員の仕事も経験できた

学校で学んだこと・学生時代

専門学校の勉強は楽しかったですね。好きな事が詳しく学べるんですから至福の時間です。旅行業務取扱管理者の国家資格を取得するためのテキストには、日本各地の温泉地や名所なんかがたくさん載っていて、見ているだけで楽しかった。旅行や観光に関する知識は随分深まったし、夢に近づいていることを実感しながら学べることに充実感を得られました。旅行地理検定に合格するために勉強したことは、販売店で勤務しているときに随分役立だったし、専門学校で学んだことが実務で一番役立っていると思います。あと、旅行好きの友人達と出会えたことも自分の財産です。卒業旅行で一緒にハワイに行った仲間とは、今でも年に1回は必ず会っています。

以前4年程務めた空港業務を昨年から再び担当している

分野選びの視点・アドバイス

今から思うと先生達は凄いなと思うんです。旅行業界のことに詳しくて必要なことをわかっているから、色々な場面・機会を通して旅行業界の知識を仕込んでくれるというか、学生が気付かないうちに自然と大切なことが身に付くようにしてくれていると思います。いつの間にか深い知識が身に付いていて、就職する時に困ることは少ないし、就職先でも「なんか教えてもらったことだ」というのが出てくる。こういう人材育成が、国際観光専門学校の就職率がずっといい理由なんだろうと、働くようになって知った気がします。入学生の方、学校の勉強は就職後にも絶対役立ちますよ。それと、学生のうちにたくさん旅行を楽しんで旅行業界へ来てくださいね!

お客様に楽しい旅行を提供するために全力でサポート

松尾 雄亮さん

株式会社JTBビジネスネットワーク/トラベル・ツアーコンダクターコース(現トラベル・エアライン学科)/2006年卒/子供の頃からの夢である添乗員をめざし、大学卒業後に国際観光専門学校に入学。卒業後は夢を叶え、同社で添乗員業務を経験した。添乗員部署の廃止に伴い、中部国際空港(セントレア)での業務に移り、旅行者をサポートする仕事に3年間従事。その後JTBの販売店へ異動し、3年間販売業務を担当。昨年から再び中部国際空港(セントレア)に戻り、旅行者のサポート担当として活躍中。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
国際観光専門学校 名古屋校(専修学校/愛知)