• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 北海道どうぶつ・医療専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 布谷 亜可音さん(ペット学科 動物看護専攻/動物看護師)

北海道認可/専修学校/北海道

ホッカイドウドウブツ・イリョウセンモンガッコウ

飼い主様が安心するよう常に笑顔を心がけています

先輩の仕事紹介

動物看護師として、獣医師とともに動物たちのためのチーム医療を進めていきたいです

動物看護師
ペット学科 動物看護専攻/2014年3月卒
布谷 亜可音さん

この仕事の魅力・やりがい

動物看護師の仕事でやりがいを感じるのは、来院してくださった飼い主様に名前を呼んでいただき、以前お話したことの続きを当たり前のように再開できる瞬間です。“声をかけやすい看護師”を目標に受付業務も行っていますので、些細なお話でも覚えていていただけることは、本当にうれしいです。また、勤務して2年程経ったころから、再生医療に携わる機会をいただいています。自身が培養した細胞が動物たちのQOL(生活の質)の改善に繋がったときは、「続けてきて良かった」と強く思いました。医療スタッフの一員として、獣医師とともにチーム医療を進めていくのはもちろん、動物たちやそのご家族に寄り添えることも、この仕事の魅力です。

この分野・仕事を選んだきっかけ

子どもの頃からとにかく動物が好きで、動物園に1人でよく行っていました。最初はシャチが好きで飼育員になりたかったのですが、私には難しいと思い断念。次に、人を相手にする看護師の道も考えましたが、やっぱり動物に関わる仕事がしたいと思い、トリマーや飼育員、トレーナーなど動物と関わるさまざまな職業を調べていたときに、母から「動物看護師という仕事があるよ」と教えてもらい、その存在を知りました。そこから、動物看護師だけがたくさんの家族に出会い、遊んだりしつけ教室で触れ合うなどの楽しい時間も、病気と闘う苦しい時間も、それぞれのご家族と共有できると知り、動物看護師を目指すために専門学校への進学を決めました。

保定は治療の際に動物が動かないようにする基礎技術

学校で学んだこと・学生時代

実際、ペットと暮らした経験がなかったため、この業界に進むには不安もありました。しかし、本校には学内犬がたくさんいて常に触れ合える環境があったので、私にはとても大きな励みになりました。長期休暇中、学内犬ホームステイ制度を利用して動物と暮らす生活を経験し、一緒にいることで気付かされることや、触れることでコミュニケーションを取る大切さを教わりました。実技のほかに、薬理学、看護学、動物行動学などさまざまな授業がありました。中でも獣医師が自身の経験やエピソードを交えて解説してくれる寄生虫学や獣医学が面白くて好きでした。専門知識を学び、知識を身に付けられたことは、就職後のステップアップにも繋がっています。

2年ほど前から再生医療の業務にも携わっています

布谷 亜可音さん

ノア動物病院/ペット学科 動物看護専攻/2014年3月卒/子どもの頃から動物が好きだった布谷さん。将来の進路を模索しているときに、「やっぱり動物に関わる仕事に就きたい」と考え職業を探していると、母から動物看護師という仕事の存在を聞き、その道を目指すことに。大学進学も考えたが、早く仕事に就いて技術を高めたいと専門学校を選択。2年時に、実習先のノア動物病院の医師や婦長の仕事に対する姿勢に惹かれ、「ここで一緒に働きたい!」と就職を希望。現在は診療補助、受付、再生医療担当と多岐に渡る業務に励んでいる。「女性スタッフが多いので、結婚・出産後も安心して働ける職場環境を、獣医師や看護師長とともに作って行きたいです」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

北海道どうぶつ・医療専門学校(専修学校/北海道)