• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 北海道
  • 札幌医療秘書福祉専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 荒川 真美さん(医療事務科/医療事務・秘書)

北海道認可/専修学校/厚生労働大臣指定/北海道

サッポロイリョウヒショフクシセンモンガッコウ

憧れの医療現場で大好きな事務に携わる日々が幸せ!

先輩の仕事紹介

医療従事者として、会話などを通して、患者様の気持ちを和らげられたら嬉しいです!

医療事務・秘書
医療事務科/2013年3月卒
荒川 真美さん

この仕事の魅力・やりがい

医師の事務作業補助者として、書類を作成したり、検査のオーダーを出すなどの業務を担当しています。仕事のやりがいを感じるのは、円滑に業務を行えた時や、ドクターから「ありがとう」と言っていただけた時。また、廊下などで患者様とすれ違った際に、「いつもありがとう」と笑顔で声をかけていただくことがあり、そんな時はとても嬉しい気持ちになりますね。外来に勤務していた頃は、不安そうにされている患者様のお話相手をしたこともありました。私は治療することはできません。しかし、会話などを通して少しでも患者様の気持ちを和らげることができたとしたら、医療の仕事に関わる一人として、とても光栄なことだと思っています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

小さい頃から医療の仕事をしたいと思っていたので、看護学校に通っていました。しかし、看護について学ぶ中で、「自分には向いていないかもしれない」と思うようになり、中退を決意。その後、就職先で事務の仕事を経験し、楽しさを実感しました。「同じ事務なら、やっぱり医療の現場で働きたい」と思ったのが、医療事務を目指した最初のきっかけです。また、医療事務なら、正社員、派遣、パートなど、働くスタイルを自分で選ぶことができます。将来的に自分のライフスタイルに合わせて働けることを知り、ますます魅力を感じました。今の目標は医師事務作業補助者の資格を取得すること。実務経験と研修を重ねて、チャレンジしたいと思っています。

ドクターからの「ありがとう」に、やりがいを感じます

学校で学んだこと・学生時代

医療事務の資格は通信で取得していました。でもなかなか就職が決まらず、書類審査で落ちるという状態が続いて、専門学校できちんと学ぼうと思いました。札幌医療秘書福祉専門学校では、医療事務検定はもちろん、医療秘書技能検定、調剤報酬請求事務技能検定、歯科医療事務検定、医事コンピュータ技能経験、ペン字やパソコン、サービス接遇検定まで、1年間でさまざまな資格を取得することができます。検定試験前には試験対策授業を増やす「検定ウィーク」もあり、効率良く学ぶことができましたし、接遇の授業では電話対応や訪問者対応など医療現場に特化した基本対応も習得。おかげで現在の職場への就職にもつながりました。

荒川 真美さん

社会福祉法人 孝仁会 北海道大野記念病院 勤務/医療事務科/2013年3月卒/看護学校に通っていたが、自身の適性に疑問を感じて中退することに。その後、一般企業で事務を経験し、「事務」という仕事の楽しさを見出す。医療事務の資格を取得したものの、就職には結びつかず、札幌医療秘書福祉専門学校へ入学。医療現場に即した充実した授業で、資格取得に加えて実践的な知識と技能を修得ことができた。就職活動の際には、先生方の心強いサポートを受けて無事就職を実現。長年の夢をかなえ、やりがいのある日々を過ごしながら、さらなるステップアップを誓っている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
札幌医療秘書福祉専門学校(専修学校/北海道)