• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 北海道
  • 札幌医療秘書福祉専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 米谷 あゆみさん(医療事務科/医療事務・秘書)

北海道認可/専修学校/厚生労働大臣指定/北海道

サッポロイリョウヒショフクシセンモンガッコウ

学校で学んだ知識やマナーが現場で活かされています

先輩の仕事紹介

病院というデリケートな空間の中、リラックスしていただけるよう心がけています

医療事務・秘書
医療事務科/2013年3月卒
米谷 あゆみさん

この仕事の魅力・やりがい

医事課に所属して、窓口での受付、会計、電話応対など、患者様に接する仕事に携わっています。仕事にやりがいを感じる瞬間は、患者様に感謝されたとき。病院というのは、とてもデリケートな空間です。毎日多くの患者様が不安を抱えながら来院され、待ち時間が長くなってしまうことも。その中で心がけているのは、患者様に不快感を与えないよう、積極的に会話をすること。ちょっとした会話で、患者様に喜んでいただいたり、安心していただけるといいなと思っています。受付は印象が大事なので、身だしなみや表情にも気をつけています。そんな私を患者様が見て、「笑顔がいいね」と褒めてくださったことがあり、とても嬉しかったです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

医療事務の職に就いている人から「患者様に感謝していただけることが嬉しい」というお話を聞いて、とてもやりがいがありそうな仕事だなと感じていました。商業高校に通っていたので、元々は卒業したら就職と考えていましたが、医療事務の仕事をするならその分野の知識や資格が必要だろうと、札幌医療福祉事務専門学校のオープンキャンパスに参加。楽しくて何度も参加しているうちに、「やっぱり一度、しっかり勉強したい」と思うように。先生方の優しさや学校の雰囲気も魅力的でした。早く就職したいと思っていたので、1年制のコースがあったことも決め手。最短ルートで夢を実現できるならと、この道に進むことを決めました。

患者様に安心していただける、最高の笑顔で接したい

学校で学んだこと・学生時代

患者様対応を実践的に学べたことは、今、現場で本当に活かされています。特に役に立っていると思うのは、実践練習。クラスメイトと二人一組になって、電話応対の練習などを行います。ケースバイケースの練習のおかげで、とっさの対応もできるようになりました。ビジネスマナーで学んだ敬語や、保険の種類や番号など、医療事務に関する基本的な知識を持っていることを、現場で先輩に褒めていただいたこともあります。医療事務は人気の職業なので、就職活動も厳しくなります。でも、学校で確かな知識を身に付けることができ、就職活動の時も先生方が全力でサポートしてくださいます。一人ではくじけていた就職活動も、乗り切ることができました。

米谷 あゆみさん

医療法人明日佳 札幌宮の沢脳神経外科病院 勤務/医療事務科/2013年3月卒/当初高校卒業後すぐに就職しようと思っていたという米谷さんだが、札幌医療秘書福祉専門学校に入学し、更に学ぶことを決意。学校選びの決め手は1年制のコースがあったこと。「早く就職したいと希望していた為、1年で目標に到達できるというのはこの上ない魅力でした」。現在の職場である札幌宮の沢脳神経外科病院は、脳血管障害や脳脊髄腫瘍、脊椎精髄疾患やてんかんなどにも対応する大規模な病院で、患者数も多い。「患者様と最初に接する医療事務の立場として心がけているのは、笑顔と積極的な会話。患者様の感謝の言葉にやりがいを感じています」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
札幌医療秘書福祉専門学校(専修学校/北海道)