• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 神奈川
  • 浅野工学専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 大野 裕崇さん(建築工学科/建築士)

監理のため現場へ。設計から建物完成まで携わります

先輩の仕事紹介

建築士として自分のアイデアを形にする難しさと面白さを実感しています!

建築士
建築工学科/2021年卒
大野 裕崇さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

共同住宅の設計から現場監理までを担当しています。建物が完成するまでのひと通りの流れに携わらせていただいていますが、頭の中で考えていたものを形にすることの難しさをあらためて感じています。たとえば、道路の幅によって建物の高さが規制される「道路斜線制限」は、市区町村によって異なります。このような条例に沿っての設計や工期を意識したスケジュール管理など、学生時代には経験できなかったことも多く、上司や先輩に教わったり自分で調べたりしながら進めています。入社2年目でまだ試行錯誤しながら覚えたり学んだりする日々ですが、いろいろな挑戦をさせていただけるので充実しています。

分野選びの視点・アドバイス

建築デザイン科で2年学んでから建築工学科へ進み、自分がやりたかった設計を4年間楽しく学べました。法規や構造、設備などの座学は現在の仕事に役立っています。建築士国家試験の勉強は大変でしたが、製図試験対策は手順をはじめ細かく指導いただき、学科試験も過去問題を用意してくださったのでしっかり準備して臨めました。先生方の手厚いサポートで二級建築士試験に合格できたと思っています。インターンシップでは、工事の工程や現場の様子を知りたくて、現場監督を体験させてもらいました。それぞれの役割はもちろん、建築は“ものづくり”でありながら人対人の仕事でもあると学び、今も対話やコミュニケーションを大切にしています。

学生時代に学んだことも活かしながら設計しています

学校で学んだこと・学生時代

小さいころからものづくりが好きだったのと、実家が不動産業を営んでおり建築に触れる機会が多かったため、自然と建築家を志していました。浅野を選んだのは、住宅の勉強ができる建築デザイン科があり、そこで2年学んでから建築工学科の3年次へ編入し、在学中に二級建築士が取得可能だと知ったからです。私は建築家になる夢が変わらず、最短ルートでの実現に向けて行動してきましたが、同じ仕事で一生を終える人ばかりではないですし、一歩引いた広い視野で様々な分野に触れながら、自分に本当に合うものをみつけていけばよいと思います。一歩引いた視点を持っていると柔軟な発想や対応につながるので、仕事をするうえでも強みになりますよ。

コミュニケーションが良いものづくりにつながります

大野 裕崇さん

(株) DAN総合設計 設計室勤務/建築工学科/2021年卒/集合住宅や事務所・店舗ビル、福祉・公共施設などの設計を手がける会社で、デザインや間取りといった意匠設計を担当している大野さん。設計だけでなく現場監理にも携わっているが、すべての仕事において大切にしているのは相手の気持ちを考えることだという。「設備設計や構造設計の方々、現場工事の方々など、建物の完成には本当にたくさんの人たちの協力があることを忘れないようにしたい」と語ってくれた。浅野在学中の二級建築士合格など、努力を続けてきた大野さんの現在の目標のひとつが一級建築士の国家資格取得。建築家になる夢を叶えてもなお、向上心を持ち成長への学びを続けている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
浅野工学専門学校(専修学校/神奈川)
RECRUIT