• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • 中部楽器技術専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 山田果奈さん(管楽器リペア科/楽器リペア)

愛知県認可/専修学校/愛知

チュウブガッキギジュツセンモンガッコウ

国内で希少な管打楽器修理を行う専門工房で活躍中

先輩の仕事紹介

心技体で、ワンランク上のリペアマンになれる。それが中部楽器技術専門学校です。

楽器リペア
管楽器リペア科/2017年
山田果奈さん

この仕事の魅力・やりがい

さまざまな管楽器のリペアを行う当社のなかで、入社2年目の私はサックスを担当しています。落として凹んだ状態や使っていなくてパーツが劣化した状態など、全国から送られてくる様々な状態のサックス。それらを一つひとつ分解・洗浄・凹み修正・タンポ(部品)の交換・バランス調整など、一人で全てを任されています。ビギナーの方からプロの方まで、修理するサックスはさまざまですが、「迅速に、完全に治してほしい」というお客さまの思いを汲みながら、一つひとつ丁寧に対応させていただこうと心掛けています。そして、一つひとつの楽器に臨機応変に対応するために、日々技術を磨きつづけられるところがやりがいであり、魅力だと思います。

この分野・仕事を選んだきっかけ

中学時代、吹奏楽部で始めたサックス。将来は音楽の仕事に就きたいなと進路を考えていた頃、両親が誘ってくれたのが中部楽器技術専門学校の学園祭でした。そこで初めて、リペアの楽しさや技術の奥深さを知りました。また多くの卒業生が、全国の音楽・楽器関係の会社に就職していて就職率が高いこと、何より先輩たちが切磋琢磨しながら学んでいる雰囲気が私に合っていると思いました。私にとって、憧れのリペアマンにもっとも近い学校、それが中部楽器技術専門学校でした。

凹みを修理中。「学校で習った技術が活かせています」

学校で学んだこと・学生時代

中部楽器技術専門学校では、木管楽器3種(Cl・Fl・Sax)と金管楽器3種(Tp・Tb・Hr)、計6種類の楽器の実習を経験しました。とにかく実習が多くて、ひたすら技術を磨く練習をしました。内容ごとに目標を決めて取り組んだり、苦手なことや課題を自分なりに見つけて、どのように解決していくのか自分で考える力も身につきました。さらに、在学中に現場経験を積めるインターン実習が豊富で、ビジネスマナーなども学べてたくさんの実践的な知識・技術を身につけることができました。社会人になり思うのは、学校での学びのおかげで、ワンランク上のリペアマンとしてスタートでき、自信を持って仕事に取り組めます。

管楽器の音孔を塞ぐ「タンポ」の修理をしています

これからかなえたい夢・目標

私が働くミルズは、管打楽器修理を行う国内では希少な専門工房。丁寧な修理と美しい仕上がりが高く評価され、ヤマハ指定管楽器リペアセンターとして、年間約8,500本の楽器を修理しています。全国から集まった選りすぐりのリペアマンが活躍しており、中部楽器技術専門学校の先輩もいます。みなさん志が高く、お客さまのために日々技術を磨き、切磋琢磨しています。早く先輩に追いつけるよう、学校で身につけた課題解決力や粘り強さ、丁寧さを武器に、さらなるステップアップを目指しています。ゆくゆくは、あらゆる管楽器に対応できる、ミルズを代表するようなリペアマンになって、修理を通して、たくさんのお客さまを笑顔にしたいです。

プロの演奏者からも認められるリペアマンをめざしたい

山田果奈さん

(有)ミルズ/管楽器リペア科/2017年/管楽器との出会いは中学時代。吹奏楽部でサックスを担当したことをきっかけに管楽器に夢中に。そんな姿にご家族が中部楽器技術専門学校の学園祭に誘い、初めてリペアの楽しさや奥深さを知る。「リペアは演奏以外で音楽・楽器に携わる魅力的な仕事」という大きな発見に感動し、高校卒業後は同校の管楽器リペア科に入学。在学中は仲間と5人でアンサンブルのチームを結成し、地域のイベントや施設でボランティア演奏も行った。地元愛知での就職やIターン就職など多くの選択肢の中、2017年ヤマハなど国内外メーカーの管楽器リペアを行う(有)ミルズに合格。埼玉県の工房にてサックス担当のリペアスタッフとして活躍中。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
中部楽器技術専門学校(専修学校/愛知)