• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東放学園音響専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 豊田 実希さん(音響技術科/PAミキサー)

東京都認可/専修学校/東京

トウホウガクエンオンキョウセンモンガッコウ

アーティストが気持ちよく演奏できるよう気を配ります

先輩の仕事紹介

ステージの音を担うPA。音響のスキルと安心して演奏してもらうための気配りが不可欠!

PAミキサー
音響技術科/2016年3月卒
豊田 実希さん

この仕事の魅力・やりがい

PAとしてコンサートの音響を手がけています。X JAPANや西野カナなどのツアーでは、ステージマンと呼ばれる役割を担当してきました。これはステージ上にマイクなどの機材を仕込み、ケアする仕事です。リハーサル本番では、アーティストにハンドマイクを手渡したり、直接話すことも多いポジションなので、身なりの清潔感もとても大切です。倉木麻衣のツアーでは、アーティストが気持ちよく演奏できるよう、ステージ上のスピーカーの音のバランスを調整する、モニターミキサーも任されました。会場によって音の響きも変わるので難しいのですが、アーティストご本人から「いいショーができました!」と声をかけられると、やっぱり嬉しくなりますね。

この分野・仕事を選んだきっかけ

吹奏楽部でサックスを演奏するなど、昔から楽器に親しんできた経験と高校に入ってから実際のライブに行くことが増えたことから、自然と音楽業界で仕事をしたいと思うようになりました。東放学園音響専門学校は、レコーディングやMAなどもまとめて音響技術を学んだうえで職種を絞っていけるので、入学後に自分の適性も踏まえてじっくり選んだ仕事がPAミキサーです。

分野選びの視点・アドバイス

私の場合、どうしても今の会社に入りたかったので、求人もないのに直接連絡を取り、履歴書を送って気長に返事を待ちました(笑)。就活では自分から動く姿勢が大切。やる気があれば東放学園の先生はどんどんサポートしてくれますよ。この業界をめざす人には「いいスポンジ」になってほしいですね。教わることは山ほどあるし、まずはさまざまなことをすべて素直に吸収することが大切だと思います。

豊田 実希さん

(株)クレア・ジャパン 勤務/音響技術科/2016年3月卒/今までに多くのコンサートでPAを手がけてきた豊田さん。西野カナ『Kana Nishino Dome Tour 2017 “Many Thanks”』ではステージマンを務め、マイクの受け渡しなどご本人のマイクケアを担当した。PAは音響のスキルはもちろん、立ち居振る舞いも問われるそう。「安心して演奏にのぞんでもらうために、技術面で問題が起こっても決して不安を表に出さないといった気づかいも必要です」と豊田さん。いずれはハウスミキサーとしていいミックスができるようになることが目標だ。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
東放学園音響専門学校(専修学校/東京)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路