• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東放学園専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 松崎 秀峰さん(放送芸術科/ディレクター)

主にバラエティ番組のVTRを演出しています。

先輩の仕事紹介

“毎日違う”それがテレビの仕事の面白さ

ディレクター
放送芸術科/2007年卒
松崎 秀峰さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

バラエティ番組のディレクターを担当しています。担当中の『オトラクション』(TBS系)では、1時間の本編全体を演出し、『ザワつく!金曜日』(テレビ朝日系)では、番組内で流すVTRを作成するサブ出しディレクターとして番組に携わっています。『オトラクション』は音感やリズム感などの“音”をテーマにしたゲーム番組なので、視聴者の方にもただ見るだけではなく一緒に参加して楽しんでもらえるような番組作りを意識しています。また、挑戦する出演者がつい本気になったりと、ほかの番組では見せない表情や動きをいかに引き出せるかも、こだわっているポイントです。

業界ココだけ話!

新ゲームを考えるうえで、簡単すぎず難しすぎず、挑戦者も視聴者も楽しめる難易度を設定するために、何度もシミュレーションを繰り返しています。音楽に関して素人のスタッフでは問題作成が難しい点もあり、プロの作曲家の方に協力してもらうこともあったりします。そうした積み重ねでゲームができ、出演者の方が「楽しかった!」と本気でいってくれる機会が多くあって、そのときは素直にうれしいですね。自分が企画のもとを考えたゲームがカタチとなって収録・放送までたどり着いたときも、苦労が報われた感じでやりがいを感じます。

分野選びの視点・アドバイス

ディレクターを目指したのは、純粋にテレビが好きだったというのもあるし、デスクワークじゃなくて「毎日違うことをしたい」と思ったから。今、実際にそうなっているし、海外ロケでは一生行けないような場所にも行ったりして、いろいろな世界を知ることができるのは本当に楽しいですよ。後輩たちには「番組のネタをまかされるまではがんばれ!」といいたいです。そこまで続ければ、この仕事の面白さがどんどん見えてきますからね。

松崎 秀峰さん

フリーランス/放送芸術科/2007年卒/フリーのディレクターとして、主にバラエティ番組を担当。現在はTBS系「オトラクション」、テレビ朝日系「ザワつく!金曜日」の制作に携わっている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
東放学園専門学校(専修学校/東京)
RECRUIT