• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 日本コンピュータ専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 北村 直也さん(情報処理システム科 気象予報士コース/気象予報士)

大阪府認可/専修学校/大阪

ニホンコンピュータセンモンガッコウ

天気は毎日変わるもの。飽きることがありません!

先輩の仕事紹介

お客様に信頼される気象予報士になるため、精度を向上すべく、日々奮闘中!

気象予報士
情報処理システム科 気象予報士コース/2018年卒
北村 直也さん

この仕事の魅力・やりがい

気象予報士として、市区町村や道路会社などに気象情報を提供しています。予報を出す際は、スーパーコンピューターから導き出された結果をもとに、過去のデータなどから導いていきます。スーパーコンピューターから出される結果が、すべて正しいとは限らないので、気象予報士の知識や経験からデータを修正し、予報の精度を上げる作業が必要になります。そのため、過去データを調べたり、日々の記録を振り返ることで知識量を増やす努力をしています。やりがいを感じるのは、限りなく正確に予報できたとき。また、日々の業務をしっかりやれば、やりたいことをやらせてくれる会社なので、自分が成長できる環境で働けていることに感謝しています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

幼い頃から雨の日が好きで、心が落ち着き、外出したくなるという子どもでした。気象への興味が尽きることはなく、小学生の頃には天気について調べたり、パソコンを使って天気を予報したりしていたんです。そのころにはすでに気象に関連する職業に就きたいと考えていました。気象予報士になるためには国家試験に合格することが必要。独学での資格取得は難しく、専門的に学ぶ必要性を感じました。また、気象予報の仕事をするためには、ITの知識・技術も必要なので、コンピューターやプログラムについても学べる日本コンピュータ専門学校に進学しました。

気象予報プラスαの仕事ができる人。をめざしています

学校で学んだこと・学生時代

気象予報士の資格取得のため、気象学の基礎から関連法規・気象予報実習・気象観測実習など、国家試験対策をメインに指導していただきました。気象予報/観測の実習は、先生やクラスメイト、卒業生も参加して実習を行います。経験豊富な先生や先輩方から指導していただいた経験は、現在の仕事にとても役立っています。先生は現役の気象予報士として活躍されているので、より実践的に学ぶことができました。また、システム設計やプログラミングといったコンピュータシステムの専門知識も修得。少人数制の授業で、先生との距離も近いので、質問もしやすく、わかりやすく説明してくれるので、理解しながら先に進むことができました。

天気図からもさまざまな情報が得られます

北村 直也さん

株式会社気象工学研究所 勤務/情報処理システム科 気象予報士コース/2018年卒/「正確な気象情報を提供するには、知識に加えて豊富な経験が必要。毎日の積み重ねを大切にし、精度を高めていきたい」と、北村さん。日本コンピュータ専門学校で身につけたプログラミングの知識・技術を使って、予報作業の効率化ツールや、社内用のWebサイトなども制作している。「気象予報士の仕事だけでなく、自分ができることで会社に貢献できることは、なんでも挑戦していきたい」と、話してくれました。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

日本コンピュータ専門学校(専修学校/大阪)